BB の毒舌介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】をズバッと発信しています。

ネット弁慶

time 2018/03/08

ネット弁慶

こんばんは、BB です。

今回は厄介な【ネット弁慶】について。

“内弁慶”

という言葉がありますよね?

家など自分が安心できる環境では威勢がいいのに、一歩外に出ると途端に弱気になり意気地が無くなったりする人のことを表す言葉です。

ニートとかに多いですよね?

家では親に偉そうな態度をとるのに、一歩外へ出たら人の目を見て話せないみたいな。

内弁慶は世界が狭いので、人の目に触れたり人に影響を与えることは滅多にありませんが、現在はネット社会。

内弁慶ならぬ【ネット弁慶】が多く存在します。

SNSなどでやたら強気な発言したり、高圧的な態度を取ったりなど、等身大以上のキャラを演出している人、結構見掛けます。

こういう人は大概【ネット弁慶】で、実社会では真逆のキャラです。

確認したわけではありませんが、まぁ殆どそうでしょう。

と言えるのも、今までリアルで【ネット弁慶】を結構見てきたからです。

以前、一緒に仕事をしていたケアマネ(男)がそんな人でした。

現場において、行き違いや連携ミスで互いに迷惑をかけてしまうことって、ありますよね?

介護職員側の不手際でそのケアマネに迷惑をかけてしまった時、それについて謝罪すると

いいよいいよ

現場も大変だもんね~

と、いつも笑顔で返してくれました。

ある日、mixiだったかな?

たまたまそのケアマネのアカウントを見つけて見てみるとた、日記だかつぶやきだかで

現場の介護職員が無能なせいで迷惑を受けた。

マジふざけんな!

的な投稿をしていました。

もしかしたら別のことに関して書いていたのかも知れませんが、内容を見る限りその時のことでした。

あぁ、やっぱ腹立ってたんだなぁ。。

そう感じて、それには私も関わっていたので、次の日たまたま更衣室で会った時、挨拶の流れで

この前は、すみませんでした

と再度謝罪をしました。

すると彼は

いやいや、こっちも悪かったし

と、笑顔で返してくれました。

後になって知ったことですが、彼は些細なことで頻繁に他部署とトラブルを起こしていたそうです。

社交辞令的な会話はできましたが、コミュニケーション自体は苦手な様子で、偶然帰り道が一緒になった時などは会話に困りました。

最近、たまたまFacebookでその人のアカウントを見つけて、公開設定だったので覗いてみたら、相変わらず職場の不満を汚い言葉で書き殴ってました。

彼に限らず、現場で影が薄い職員がTwitterで極端な中二病的な発信をガンガンしていたり等々、色々見てきました。

あ、私は別に職場の人間のアカウントを探してチェックするのが趣味とかではありませんよw

私はTwitter、Facebook、Google+、mixi(放置)のアカウントを持っているのですが、知り合いかも?的なもので名前上がってきますからね。

おっ?

と思って覗いてみたら…といった感じです。

前回の愚痴に関する記事にも書きましたが、リアルのストレスをネットで発散してる人も多いので、それなら問題ないと思います。

ただ【ネット弁慶】に関しては、概ね人間性が歪んでいます。

共通する特徴として、やたら政治批判や人の投稿の批判をする傾向があります。

人が不快に思うであろう言葉を何の躊躇いもなく発信できる時点で、性根が歪んでますよねw

特に、オッサンがタチ悪い。

まぁ、私もオッサンですが…

俺より一回り上の大人がそれかよ…

といった残念な人が非常に多い。

リアルでは社交辞令、裏では言葉汚くディスる。

なんか、気持ち悪いですよね。。

そんな残念なオッサンにならないようにしようと、反面教師として日々勉強させて頂いてます。

ちなみに、そういう人に真剣に腹を立てたりストレスを感じたりしている人、気にしない方が良いですよ?

相対したら、目を見て話せないくらいの人たちですからw

↓↓最後にポチっと☆

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

オススメ記事



BBの毒舌介護

BBの毒舌介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】を発信。



sponsored link