BB の毒舌介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】をズバッと発信しています。

ベッド転落を防ぐ簡単な工夫

time 2018/03/11

ベッド転落を防ぐ簡単な工夫

こんばんは、BB です。

今回はベッドからの【転落防止】について。

ベッドからの転落リスクが高いのは

ベッド↔車椅子

間の移乗に介助や見守りが必要で、尚且つ自力で移乗すると転倒リスクが高い人が殆ど。

巡視のために訪室したら、ベッド下に転落していた。

現場経験者なら、こんな場面に多々遭遇したことがあると思います。

転落リスクが高い上に多動な方はセンサーを設置する等工夫して対応していると思いますが、リスク者のセンサーコールが偶然重なって対応し切れず、転落を防げない場合もあります。

様々な状況があるので、転落を完璧に防ぐのは不可能です。

ただ、そんな状況でも確実に転落のリスクを減らせるす工夫があります。

非常に簡単です。

それは

 

靴を揃える

 

はい、ただこれだけ。

ベッドへ臥床した際、その人がベッドに腰掛けて座った時に両足か着く位置に靴を揃えて置く。

これだけで、転落の確率は確実に軽減できます。

人は大体、ベッドから起きて歩こうとする時、靴を履こうとします。

中には裸足のまま歩こうとする人もいますが、靴を履こうとする人が大半です。

ベッドから身体を起こし、ベッドに腰掛けたら、まず靴を履こうとします。

その時、足元から少し離れた場所に靴があったらどうでしょう?

靴を取ろうとして手を伸ばしたり、足で手繰り寄せようとしたり等、何かしら靴を履こうと動きます。

この時に、転落するリスクが非常に高いのです。

手を伸ばして靴を取ろうとして前のめりに転落したり、足で靴を手繰り寄せようとして滑って尻餅をついたり等など。

いつもより10㎝靴の置場所が変わったことが原因で転落した方もいました。

ベッドへ臥床した際は

 

靴を揃える。

 

ただ揃えて置くだけでは意味はありません。

その人の体格、動作のパターンなど、一人ひとりベストな配置があります。

此方から見たら不自然な位置でも、その方にとってベストな場合もあります。

この場合、下手に職員判断で配置を変えてしまうと、かえって転落のリスクを高める場合もあります。

靴に限らず、車椅子、ベッド、家具の配置など、些細な環境の変化で転倒転落リスクは上がります。

良かれと思ってやった事が裏目に出ることもあります。

日頃から入居者様の行動を観察し、些細なことに気を配ることが、大きな事故を防ぐことに繋がります。

そんなもんで防げるかよ!

そんな声が聞こえてきそうですが、その通りです。

正直言って、これだけで転倒転落事故が激減できたら何の苦労も要りません。

これで防げる事故なんて、たかが知れてます。

ただ、数%でも事故を防げる可能性があるなら、試す価値はあると思います。

実際、靴の置場所で間一髪転倒を防げたことは、過去に結構ありました。

靴を揃える

意識して損は無いと思います。

↓↓最後にポチっと☆

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

オススメ記事



BBの毒舌介護

BBの毒舌介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】を発信。



sponsored link