BB の毒舌介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】をズバッと発信しています。

的外れなリアクション

time 2018/04/01

的外れなリアクション

こんばんは、BB です。

今回は【的外れ】なリアクションについて。

介護現場で働いてると、的外れなリアクションに困惑することがあります。

先日のこと。

夜勤パートナーのK君は、あまり要領が良くなく、業務が押せ押せになることがしばしば。

当日の夜勤はナースコールが頻繁に鳴ったり入居者様の体調不良などがあり、朝方に少しバタつきました。

こういう時に余裕を持って対応するために、直接介護に関わらない雑務は段取り良く終わらせておくべき。

  • 薬の準備
  • お茶の準備
  • 物品の補充
  • 汚染衣類の処理

などなど。

K君は要領が悪くその辺の段取りがうまくできず、当日の朝は案の定バタバタ。

業務終了後、K君の仕事が落ち着いたタイミングで、会話の流れでその日の振り返りをしました。

指導というレベルではなく

こうしたら良かったんじゃない?

的な感じで。

その時のK君の反応は、いまいちピンときてない様子。

あれ、伝わってないかな?

と思い言い方を変えたり具体的なシチュエーションで説明したりするも

はぁ。。

ポカーンとした様子。

話の最後に

何か分からない事ある?

と尋ねたたところ

今月の委員会の事なのですが…

という質問が返ってきました。

その質問に答えその場は終わったのですが、介護現場ではこんな場面によく遭遇します。

上のやり取りにおけるK君の返答って、的外れですよね?

それまで話していた内容は【夜勤中の雑務の段取り】についてなのに、K君の質問は【委員会】について。

会話として噛み合ってない上に、本旨が伝わったかどうかも謎。

後日確認したら、50%くらいしか伝わってませんでした。

長年働いているのに一向に成長しないタイプの職員は、決まって的外れなリアクションを返してきます。

議事録やケアプランなどは肝心な所が抜けていて的外れな部分を抜粋してきたり、ヒヤリハットが発生した時は的確な対応策が導き出せない等など。

以前はそういう人を見ると

仕事できない駄目な奴

と思っていましたが、最近は大人の発達障害をはじめ本人のやる気やモチベーションだけではどうにもならない問題があることが分かってきたので

どうしたら【その人】に伝わるか?

個々に合わせた関わり方を模索中です。

なかなか難しいですが、一緒に働いている以上は同士なのでね。

そして

自分の説明が下手だから

という自覚を忘れないよう心に止めてます。

そうしないと、ただ苛ついて感情的に発信してしまいますからね。

これは介護に限った話ではなく、指導的な立場の方は日々頭を悩ませていることだと思います。

分かっちゃいるけど正直

テメーこのヤローーー!!

って叫びたくなる事、沢山あり過ぎますよねw

↓↓最後にポチっと☆

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

オススメ記事



BBの毒舌介護

BBの毒舌介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】を発信。



sponsored link