BB の毒舌介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】をズバッと発信しています。

夜勤回数に上限を設けるべき?

time 2018/05/13

夜勤回数に上限を設けるべき?

こんばんは、BB です。

今回は【夜勤の回数】について。

日本医療労働組合連合会の調査で

全国の介護施設の73%が夜勤で16時間以上勤務する2交代制シフトを取っている。過去5年の調査結果を通しても改善は見られないため、夜勤回数の上限設定や1人勤務の見直しを求めている。

という記事を見ました。

健康面への影響を考えてとか何とか。

確かに、長期的視野で見たら夜勤が多いと健康面への影響は否めません。

私はここ数年平均して

  • 月7~10回

夜勤に入ってますが、このペースを続けたら、もしかしたら晩年身体に影響が出てくるかも知れません。

労基では夜勤回数の上限は8回とか言われてますが、厳密には違います。

詳しく知りたい方は調べてみて下さい。

話を戻します。

もし、夜勤回数に上限を設けたらどうなるか?

答えは簡単。

 

現場が回らなくなります。

 

例えば

夜勤回数の上限は6回

それ以上は違反!

なんて法律が出来たとしましょう。

それまで夜勤平均7~8回で回していた現場だとしたら、どうなるでしょう?

  • 夜勤2人体制
  • 30日の月

として、簡単にシミュレーションしてみます。

この場合、一月夜勤が60回必要になります。

夜勤回数上限を【6回】としたら、夜勤に入れる職員が【10人】必要です。

ただ、現状7~8回で回してるとしら、夜勤に入れる人数が【2~3人】確実に足りなくなります。

これをどう補うのでしょう?

 

Q:3人常勤を採用する?

A:応募が来ません

 

Q:派遣

A:コスト増大

 

まぁ、この辺は言わずもがな。

【22~翌7時】という時間帯の勤務を組み込んで補おうとしても、ざっと考えただけでは2~3人分の夜勤を補うのはほぼ不可能。

もし強引に組み込めたとしても、日勤帯の人員が薄くなります。

介護現場は、日勤帯のほうがバタバタ忙しくハイリスクなので、恐らく事故が増えます。

つまり、夜勤が大変だから

回数を制限しよう!

とか言ったところで、物理的に人員が足りない施設はどうしようも出来ないんですよ。

介護現場は、夜勤に入らない非常勤、パート、派遣を含めて回ってます。

勤務表を見ると一見

人いっぱいいるじゃん!

と見えても、夜勤できる人数は数人だけなんて施設もあります。

それに、忘れちゃいけないのが、夜勤を減らされたら困る人も大勢いるということ。

介護職はご存じ安月給。

夜勤手当てがあって生活が成り立つという人も多くいます。

そんな人たちが

夜勤8→6回に減らされたら

ふざけんな!!

という人もいるでしょう。

また、夜勤が多いほうが楽という人もいます。

以前うちの職場で新人か入ってくると知ったある職員が

夜勤減るから困る!

と事務所にクレームを言ってきたことがありました。

その行動については疑問ですか、夜勤手当てが減って収入が減るって、人によっては切実な問題ですからね。

今回はチラ見したネットニュース記事について書いてみただですが、もしかしたらそんな日が来るかも知れませんね。

ちなみに私は

来月から夜勤8→4回ね

とか言われたら

 

 

辞めます。

 

 

ではでは。

↓↓最後にポチっと☆

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

オススメ記事



BBの毒舌介護

BBの毒舌介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】を発信。



sponsored link