BB の毒舌介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】をズバッと発信しています。

影響力を理解すべき

time 2018/05/25

影響力を理解すべき

こんばんは、BB です。

今回も【超★介護現場アルアル】です。

以前、一緒に働いてた加藤さん(仮名)という女性の話をしましょう。

彼女は真面目で責任感が強く、体育会系で元気が良い人でした。

おまけに面倒見が良く、新人スタッフの面倒を良く見てくれていました。

彼女を公私ともに慕う後輩も多く、退職の日には泣いてしまう後輩もいました。

一見すると職場に1人はいてほしいタイプですが、それと同じくらい大きな欠点がありました。

神経質な彼女は、後輩に1つ1つ丁寧に仕事を教えていました。

丁寧というと聞こえは良いですが

そんな細かいことはいいんじゃない?

と思うことも多々あり、それは教えるべき事というより、彼女自身のやり方であり、自己満足な部分。

その部分について後輩がミスをすると

前に教えたよね!

内容によりますが、そこまで気にする必要のない部分だったりと、何にせよ細かい。

そして、感情の起伏を隠せない。

彼女は性格上、だらしない系の同僚や後輩と相性が悪く、そういう人と同じ勤務の日は、明らさまに苛々してました。

入浴介助の場面で、後輩がパッドのサイズを間違えた時

その人はそのパッドじゃないでしょ!

他の入居者様もハッとして振り向くくらいの声で注意。

また、別の職員が入居者様を浴室へ誘導した際

その人はまだ早いでしょ!

彼女の脳内で組み立てた誘導順番と違っていた様子。

こんな事が重なると段々苛ついていき、声のトーンもキツくなり、フロアには不穏な空気が流れる。

当人はそれに気付かないばかりか、一旦スイッチが入ると切り替えができず、その日は終始不機嫌。

そんな彼女の声かけや雰囲気が原因で、入居者様を不穏にさせてしまうことも。

彼女には良い所も沢山ありました。

ただ、重大な欠点が1つ

 

自分自身の言葉や雰囲気が及ぼす影響力を自覚できない。

 

こういう人、介護現場に多いですよね?

あの人が出勤の日は、いつも穏やかな入居者様が不穏になる

とか

あの先輩が出勤の日は、新人かビクビクしていて、思わぬミスをする

みたいな。

よく聞く話です。

この手のタイプは真面目でしっかり者な反面、他人に厳しく情緒が安定しない。

そして、自分の組み立てた流れから逸れると、状況もメンタルも修正できない。

彼女には、その事を何度か注意しました。

真面目な人なので、注意してしばらくは反省し行動を改めるも、いつしか元に戻ってしまいました。

根本的な性格なので、抜本的に変えるのは不可能なのでしょう。

ただ、個人的に上司にしたくないタイプです。

ある職員が夜勤の日だけ、やたら不穏な入居者様が多かったりしますよね?

今晩は大変でさぁ~

なーんて愚痴ってるアナタ。

アナタのせいかも知れませんよ?

↓↓最後にポチっと☆

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

オススメ記事



BBの毒舌介護

BBの毒舌介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】を発信。



sponsored link