BB の介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。

介護求人広告の罠

time 2017/01/24

介護求人広告の罠

こんばんは、BBです。

今回のテーマは【介護求人広告の罠】


介護業界は万年人手不足なので、巷の求人広告には介護スタッフ募集が溢れ返っています。

そして、結構なペースで介護特集が組まれています。

求人広告に書かれている文言は大差なく概ね以下のような感じ。

 

“月収25万円以上の高収入!”

“遣り甲斐のある笑顔の絶えない職場♪”

(※スタッフの笑顔集合写真)

 

月収25万円以上。

低収入で有名な介護業界においては

 

“えっ?月25万貰えるの!?”

 

と一瞬勘違いしてしまいそうですが、必ず下の方か、もしくは小さな字で捕捉されています。

 

・ボーナス2回

・夜勤手当5回

・その他諸手当含む

 

的な文言が。

 

月収25万とは即ち

“年収300万円”

 

当然、手取りは20万円を切ります。

 

月収30万円としても

“年収360万円”

 

悪くはないかも知れませんが、決め手になる程魅力的な額面でもありません。

そして、何より違和感を感じるのは…

 

 

 

 

“遣り甲斐のある笑顔の絶えない職場”

 

 

 

 

そんな職場なら誰も辞めませんw

介護や飲食など、万年人員不足の業界の求人広告は、どこもこのような手法です。

気持ちは分からなくもないのですが、これで本当に応募来るのでしょうか?

私の職場は、類に漏れず上記のような求人広告載せてますが、見てる限り大した効果はありません…(汗)

公共の広告なので文言等の制約があると思うので、実現可能か分かりませんが

 

個人的には…

 

 

 

 

“ウチ人手不足で仕事大変だよ~

夜勤7回とか普通にあるよ~

そのかわり、応募してくれたら

年収相談乗るよ~”

 

 

 

 

とか書いてくれたほうが 私なんかは

 

 

 

 

“ おっ?電話してみようかな~ ”

 

 

 

 

なんて思ってしまいますけどねw

現実として高給は難しいかも知れませんが、何かしらの工夫があっても面白いのではと思います。

 

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

プライバシーポリシー

自己紹介

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。