BB の介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。

介護はプロに任せておけば良いのか?

time 2017/03/06

介護はプロに任せておけば良いのか?

こんばんは、BBです。

現場で仕事をしていていつも思うこと…

“ 家族も勉強すべき ”

ということ。

介護に熱心な家族に限って無茶な要望を言ったり、危険なことをしようとします。

例えば、面会時の差し入れ。

 

“お母さんは大福が大好きだったから”

 

と大福を持参する家族がいます。

気持ちはよーーーくわかります。

優しさは十分伝わります。

ですが、その利用者様はえん下能力的に流動食のような食事しか食べられません。

そんな人に大福を食べさせたらどうなるでしょう?

 

“兄は甘い珈琲大好きだったから”

 

と、糖尿病でカロリー&糖質制限ある人に缶珈琲をがっつり飲ませてしまったり…

挙げ句は、禁食対応中の人にコッソリ何かを食べさせたり…

ヒヤヒヤすることが日々起こります。

 

面会に来ないで下さい

 

という記事にも書きましたが、家族にも学ぶ義務があると思います。

プロに任せておけば自身は無知でいいのか?

プロなら何でも要望を叶えてくれるのか?

面会時に差し入れで饅頭を渡して

貰った入居者様はそれを他者にお裾分け。

貰った人は流動食しか食べれないのに

甘いものに目がないから食べてしまう。

誰も見ていない所で詰まらせて窒息。

発見した時には既に顔面蒼白、心肺停止。

これは稀に見る大事故ではありません。

いつでも起こり得ることです。

介護する側は感情ではなく、最低限の正しい知識を持って関わる必要があります。

施設であれ家であれ同じことです。

先日、入居者S様の家族が面会に来ました。

S様は経管栄養のため物を食べられません。

家族が帰ってしばらくした後、S様が顔面蒼白になっているのを看護師が発見。

幸い大事には至りませんでしたが、S様の口元に白い粉が付着していたと。

家族に問い合わせて確認したら…

 

大福を食べさせたと。。

 

発見が遅かったら手遅れだったと思います。

下手な素人感情判断は大切な人の命を奪います。

そこを弁えて関わる必要があります。

 

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

プライバシーポリシー

自己紹介

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。