BB の介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。

Sさんと私

time 2017/03/27

Sさんと私

こんばんは、BBです。

最近固い内容の投稿ばかりなので、今回はほのぼのとした内容をお届けします。


介護現場には認知症の高齢者が多く、大変なことも沢山あります。

一時間にトイレに30回以上行ったり、物を盗られたと犯人扱いされたり等々…

仕事でなくても介護経験のある方なら、大変さや難しさは分かると思います。

 

でも、そんな中でも癒しはあります。

 

人間なので、同僚であれ入居者様であれ、好き嫌いや相性があります。

異性の好みが分かれるように、介護士によって入居者様との相性も様々です。

私の所属するフロアにSさんという女性入居者様がいて、その方との日々のやり取りが個人的にとてもホノボノとしていて面白いので

一部ご紹介します。

 

ある日の朝(※5:30頃)

 

Sさん『うちは昔芸者小屋で大変だったわよ~』

私「芸者さんだったんですか?」

 

Sさん『違うのよ。可愛くないからなれなかったのよ。歌は上手なんだけどね』

私「可愛くないことはないでしょう?今でもいけますよ」

 

Sさん『可愛くなかったわよ。そりゃあもう、ひどいもんだったわよ』

私「へぇ(ひどいって…)」

 

ある日の昼食後(※13:00頃)

 

Sさん『あんたは良いわねぇ、頭良くてそんな感じで』

私「頭悪いですよ。ひどいもんですよ」

 

Sさん『そんなことないわよ。昔からしっかりしてたじゃない』

私「(昔って…)」

 

ある日のおやつ前(※15:00頃)

 

Sさん『あんた子供何人いるの?』

私「いませんよ」

 

Sさん『あら、何でもったいない。いい男なのに』

私「自由なほうが気楽でいいんですよ」

 

Sさん『またそんなこと言って。あんたは昔からそんなことばっかり言って、いつまでもそれじゃ駄目じゃないの』

私「はぁ(だから昔って…)」

 

ある日のオムツ交換時(※4:00頃)

 

Sさん『あんたの夢見てたの』

私「嘘ばっかり」

 

Sさん『嘘じゃないわよ。いつも見てるわよ。ところであんた名前何だっけ?』

私「ナイショです」

 

Sさん『まーたそんなこと言って。知ってるのよ、ノブオでしょ?』

私「違います(ノブオって…)」

 

ある日の起床介助時(※6:30頃)

 

Sさん『私は愛してるんだけど、あんたはどーなの?』

私「ごめんなさい」

 

Sさん『そう…(しばし沈黙…)わかったわ。。』

私「(諦めた??)」

 

同日の朝食前(※7:30頃)

 

Sさん『あら~久しぶりねぇ。何年ぶりかしら?立派になって』

私「一時間ぶりです」

 

Sさん『だいぶ前ねぇ。うちは前芸者小屋だったのよ』

私「可愛くなくて芸者さんにはなれなかったんですよね?」

 

Sさん『そうなのよ。ひどかったの』

私「(やっぱりひどいんだ…)」

 

と、日々このような会話を繰り広げています。

彼女の中で私がどのような立ち位置の存在かは分かりませんが

 

たぶん嫌われてはいないと思います。

 

食事介助をする時なども基本常に喋っているので

 

Sさん『有り難うねぇ。悪いわねぇ、あんたにこんな事ばかりさせちゃって』

私「喋りながら食べると舌噛みますよ」

 

Sさん『だって悪いじゃないの……痛っ!』

私「ほら、スプーン噛んだじゃないですか」

 

と、こんな感じです。

人手不足で日々混沌としている介護現場ですが

時としてこのような癒しもあります。

入居者様とのほのぼのエピソードは沢山あるので、今後もちょくちょく紹介させて頂きますね。

 

Sさんとのその後についてもw

 

そんなわけで、今回は介護現場の日常をお届けしましたw

 

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

プライバシーポリシー

自己紹介

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。