BB の介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。

介護職のメリット

time 2017/05/03

介護職のメリット

こんばんは、BB です。

今日は【介護職のメリット】について。


…と言いましても、これ感じているの私だけかも知れませんが

もしかしたら共感頂ける方がいらっしゃるかも知れません。

介護職はカレンダーとは無関係の仕事です。

世間はGWなどと言われ、最大9連休とか何とか言われてますが、介護職の私には無縁です。

GWに限らず、お盆・年末年始をはじめ、カレンダー上の祝祭日には基本縁がありません。

運良く休みが入ることはありますが、世間の連休全て出勤ということも珍しくありません。

なので、感覚としては

 

“365日平日”

 

といった感じです。

そのせいか私は曜日感覚が乏しく、平日と土日祝祭日の把握が全くと言っていい程できていません。

通勤中電車か空いていたり、いつもとダイヤが違っていると…

 

“あれ?”

 

と思い、そこで携帯を見て初めて気付くといった有り様です(汗)

また、介護現場は曜日によって仕事内容が異なるので、出勤して

1日のスケジュールを確認して

 

“あ、今日は男性の入浴日だから●曜日か”

 

と初めて曜日を認識するといった感じです。

他業種の方にこんな話をすると…

 

“大変だねぇ”

 

とよく言われます。

マイナス要素だけ切り取ると

 

盆暮正月無縁

GW無縁

土日休みずらい

等など…

 

デメリット盛り沢山のように聞こえますが、逆にそれがメリットになることもあります。

上記理由から、介護職は平日公休になることが多いです。

土日休みの仕事だと、休日に出掛ければ何処も超満員&渋滞…

デ●ズニーリゾート等は並んで終わります。。

有名アウトレットモール等に至っては、駐車場にすら入れないなんてことも…

平日休みだと何処へ行くにも比較的空いていて、ゆったり過ごせます。

私はバイクが趣味なのですが、ツーリングスポットも優雅に走れて嬉しい限りです。

仲間と休みを合わせずらいというデメリットはありますが、それを踏まえても平日休みは気に入ってます。

そして、これは私だけかも知れませんが、大型連休が無いことのメリット。

それは…

 

 

 

 

連休最終日の夜にブルーな気分にならずに済むこと。

 

 

 

 

少し古い言葉で【サザエさん症候群】というものがあります。

日曜の夜、サザエさんを見終わった頃に…

 

“あぁ、明日から仕事か…”

 

と、何とも言えない切ない気分になるというもの。

そして、週明けの月曜日は仕事にしろ学校にしろ、何かしら忙しいことが多い。

休日気分が音を立てて崩れるのが日曜の夜。。

 

日曜のそれだけならまだしも…

 

大型連休最終日の夜なんて…

 

その転落具合といったら…

 

 

 

 

日曜の比じゃありません…

 

 

 

 

私は以前営業の仕事をしていたのですが

 

冬休み最終日のブルーな気分ときたら…

 

私は、3日以上の連休を取ると確実に仕事へ行きたくなくなります。

また、仕事へ行っても思うように頭と身体が動かなくなります。

学生時代のテスト期間明けの部活みたいなもので、身体が鈍って全然動けない…

以上の理由から、私は余程の理由が無い限り、まとまった連休というものが好きではありません。

毎日が平日で浮き沈み無く流れていくほうが、心身ともに安定して良いリズムで過ごすことができます。

時にはリフレッシュでロングバケーション的なものが必要と言う人は多いと思いますが…

私個人に関して言えば…

 

 

 

 

365日平日

 

 

 

 

これがベストです。

とはいえ、多忙が続くと

 

 

 

 

“あ~休みたいなぁ”

 

 

と思ったりします。

 

人間

 

無い物ねだりな生き物ですよねw

 

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

プライバシーポリシー

自己紹介

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。