BB の介護のホンネ

綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信。

認知症高齢者の問題行動は簡単につくれる

time 2017/05/12

認知症高齢者の問題行動は簡単につくれる

こんばんは、BB です。

今回は【認知症高齢者の問題行動】について。

認知症高齢者の問題行動には

介護拒否、徘徊、暴力行為、異食(食べ物でない物を食べる)、性的異常言動…

などがあります。

詳細については検索すれば出てくるので、ここでは解説しません。

介護経験がある方は、上記のような問題行動に一度は関わった事があると思います。

介護現場でよくあるのが【異食】

テッシュペーパー等、食べ物で無いものを食べようとする、又は食べてしまうこと。

紙ならまだしも、手指消毒用のアルコールやハイター等の塩素系漂白剤を飲んでしまったという事例もあります。

オムツのギャザーを破って食べてしまい、お腹の中で水分を吸ってパンパンになり、緊急搬送になった方もいました。

その他にも介護拒否や暴力行為など、介護現場はなかなか壮絶です。

本題に入ります。

具体例を上げて説明します。

⬛Kさん(女性)

夜中、オムツ交換をして欲しくてナースコールを押す。

これに対し介護職員は

今は交換する時間じゃないので、朝まで待って下さい

と答える。

Sさんはオムツを替えて欲しいので、またナースコールを押す。

このやり取りを30回繰り返す

夜勤者はこの出来事について、経過記録にこう記載しました。

『夜間ナースコール30回。都度対応するも何度も繰り返す』

⬛Sさん(男性)

入浴をしばしば拒否する。

今日も入浴にお誘いしようと声かけをすると、入りたくないと拒否。

介護職員は何とか入浴させようと、こう続ける。

お風呂入らなきゃ駄目ですよ

いいよ、孫が来るんだよ

お呂入らなきゃ汚いですよ!

いいんだよ、面倒くさいんだよ

皆さん入ってるし、一人だけ入らないなんて駄目ですよ。さ、いきますよ!

(※Sさんの手を引いて連れて行こうとする)

何するんだよ馬鹿野郎!

(※介護職員の手を振り払う)

結局、Sさんはその日は入浴拒否。対応した介護職員は経過記録にこう記載しました。

『入浴にお誘いした際、急に怒り出し職員に暴力を振るおうとする』

如何でしょう?

上記の様な経過記録が頻繁に続けば、これは【問題行動】と認識されます。

施設によっては、このような【問題行動】が続くと入所継続困難となる場合もあります。

また、それが原因で他施設へ移るのもの困難になる場合もあります。

私が最初に務めた特養で、体格の良い男性入居者様が夜中に急に家に帰りたいと言い出し、職員の制止を振り切って椅子を持ち上げて窓ガラスを割ろうとしたことがありました。

また、ベッドに寝たきりの入居者様に急に馬乗りになり、殴ろうとした方もいました。

このように、対応が難しい事例も多々ありますが、上記の2名はどうでしょう?

オムツ交換をして欲しかったKさん。

最初のナースコールの時点で交換していたら…

入浴拒否をしたSさん。

強引に誘わず時間を置いて再度声かけをしたり、相性の良い職員にバトンタッチしていたら…

状況は変わっていたかも知れません。

ただ、残念なことにレベルの低い介護現場ではこの様なことが起こり得ます。

オムツ交換希望のKさん。

ナースコールを取った新人職員が交換に行こうとしたら、上司から

今は時間じゃないから行かなくていいよ!

と言われてしまい、行けなかった…

入浴を拒否したSさん。

時間を掛けて説得しようとしていたら、先輩から

ゆっくりやってたら入浴終わらないよ!早く連れてきて!

と言われ、その場で何とかしなきゃいけない空気に…

現実として、このようなレベルの低い施設や介護職員は多数存在します。

レベルの低い介護職員は利用者を不穏にさせ、クレームを多く発生させます。

認知症高齢者の問題行動は、不適切な介護が原因となっていることが多い。

この事を踏まえておく必要があると思います。

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信。



sponsored link