BB の介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。

上司や先輩は目の上のタンコブくらいが丁度良い

time 2017/07/11

上司や先輩は目の上のタンコブくらいが丁度良い

こんばんは、BB です。

今回も100%持論です。

介護現場で働いていると、苦手な上司や同僚が最低でも1人はいると思います。

勤務表が出たら、まず誰と勤務が一緒か見ますよね?

相性が良いスタッフと勤務が一緒な日が多いと

よしっ!

と気分が上がったり

相性の悪い人と一緒だと

はぁ…

と溜め息をついたなんて経験、誰しもあると思います。

苦手な人と夜勤なんて組んだ日には、その疲労度たるや倍どころの騒ぎじゃありません。

介護職の離職率が高く定着率が悪い主な原因はご存知の通り人間関係。

これで悩んで辞める人、本当に多い。

人間関係で辞めるなんて

社会人として甘い!

なんて声もありますが、事実として悲惨な現場も多々あるので、一概には言えません。

その人の精神力にもよりますしね。

ちなみに私は、人間関係は自分で何とかするしかないと考えてます。

相手のせいにしても相手は変わらないですし、自分で克服しないと、一生人間関係で悩み続けることになりますからね。

多少しんどくても我慢して克服したほうが、長い目で見たら楽だと考えてます。

そして、以前 反面教師は宝モノ という記事を書きましたが、反面教師も含め仕事場における上司や先輩は…

 

目の上のタンコブくらいが丁度良い

 

その方が人は逞しく成長します。

厳しい上司が現場に入ると、フロアにピリッと緊張感が走ります。

正直、やりずらいです。

ミスをしたら怒られる

なんて思いながらビクビク仕事をして、時にはそれが辛く嫌になることもあるかも知れません。

ですが、この経験はいずれ必ず逞しさとなって身に付きます。

苦手な相手と共存する術を身に付けてしまえば、怖いものはありません。

学生時代に部活を経験した人なら共感して頂けるかも知れませんが、1年生の頃なんて先輩とか…

 

超絶怖かったですよね?

 

日々ビク×2してた記憶しかありません。

それが嫌で辞めてしまう人もいれば、絶えて3年間やり抜く人もいます。

当然、後者のほうが得るものは大きいです。

介護現場には癖のある人が多いです。

介護の仕事自体は好きだけど、人間関係が嫌で辞めた

なんて話を聞くといつも

勿体無いなぁ

と思ってしまいます。

人間関係さえ克服してしまえば、あとは好きな仕事をするだけなのに…と。

それは誰だって、相性の良いパートナーと楽しく仕事をしたいですよね?

ですが、事実そんな環境は少ないですし、下手に最初から環境に恵まれてしまうと後々苦労することもあります。

もし就職した先で“目の上のタンコブ”に出会えたら【筋トレ】と考えましょう。

克服できたら、精神力という名の腹筋が6つに割れていることでしょう。

まぁ…

決して楽ではないですけどね。。w

 

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

プライバシーポリシー

自己紹介

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。