BB の介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。

間違えちゃったのよ

time 2017/08/01

間違えちゃったのよ

こんばんは、BB です。

今回は久々に入居者様とのエピソードについて。

数年前、幸子さん(仮)という入居者様がいました。

その方は車椅子で移乗、排泄介助などほぼ全介助だった為、介助に入る際に色々な話をしました。

幸子さんは愛嬌があって話が面白く、話をするのが密かな楽しみでした。

ある日の夜間、ナースコールが鳴り、同僚のAさんが対応しました。

Aさんは対応に向かった後、なかなか戻ってきませんでした。

戻ってきたAさんに何かあったのか聞くと、特に何もなく、話をしてたら長くなってしまったと。

その時の話が面白かったので、今回紹介させて頂きます。

幸子さんはご主人と一緒に入所していました。

有料老人ホーム等には夫婦用の2人居室があったりしますが、うちの施設にはなく

2人とも別々の4床居室で暮らしていました。

ご主人は自立の方で、日中は頻繁に幸子さんの元へ通っては話し掛けたり、髪の毛をとかしたり等マメに幸子さんの身の回りの世話をしていました。

その様子を見ていて、仲の良い夫婦だなと思っていました。

ご家族も頻繁に面会に来ており、家族関係も良好な様子でした。

優しいご主人と家族に囲まれ、幸子さんは幸せなんだろうと思っていました。

ただ、幸子さんはマメなご主人に対してどこか素っ気ないというか、淡々と対応しているように見えました。

私は、幸子さんは淡々とした性格の人だと思っていました。

話を戻します。

同僚Aさんが幸子さんの対応に向かった時に話した内容は…

以下のようなものでした。

“どうしました?”

トイレへ連れて行って下さい

“わかりました”

Aさんは幸子さんを車椅子へ移乗しトイレへ。

幸子さんはトイレでナースコールを押さずに立ち上がって転倒した経緯があるので、トイレの際は終わるまで付き添いをする対応を取っていました。

トイレが終わるまでの間、Aさんは幸子さんにこんな話し掛けをしました。

“ご主人優しいですねぇ、夫婦仲も良くて、羨ましい限りです”

そうでもないわよ。良くしてくれてはいるんだけどね

“えーそうなんですか?どう見ても仲の良い夫婦にしか見えませんよ?”

相手はそう思ってるかも知れないけど、私はそんな好きじゃないから

“えっ、どういう事ですか?ご主人浮気癖があったり、家庭を省みずにお金を遣ったりするような人だったんですか?”

いや、ギャンブルも女遊びもしない人よ

“それじぁあ、何故??”

 

間違えちゃったのよ

 

“えっ…(※意味理解できず)”

本当は(今の御主人の)双子の弟が好きで、その人と結婚したかったの

 

( ̄□||||!?

“何で間違えたんですか!?”

後ろ姿が似てて、間違えちゃったのよ。私も馬鹿なことをしたわ

他のナースコールが鳴り、会話はここで終了…

今とは違い家同士の政略結婚みたいなものがあった時代なので、実際のところ何があってそうなったかは分かりませんが…

 

間違えちゃったって。。

 

まぁ、とはいえ何十年も連れ添っていて子宝にも恵まれ、家族関係も良好。

ご主人も異性や金にだらしないわけでもない。

理想的な家庭関係だと思うのですが、後日私も聞いてみたところ、返答はやはり

間違えちゃったのよ。若いって恐いわね

若さの問題なのだろうか。。

幸子さんはどこか抜けた感じの可愛らしい人でした。

そんな幸子さんのことを御主人は大好きな様子で、よく面倒を見ていました。

でも、幸子さんは間違えちゃった…

きっと幸子さんは、間違えちゃったお陰で幸せな家族に恵まれたのかも知れません。

『本当に好きな人と一緒にはなれない』

何て言われたりしていますが

満更、間違いでもないのかなと思った出来事でした。

 

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

プライバシーポリシー

自己紹介

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。