BB の介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。

勤務表について

time 2017/08/19

勤務表について

こんばんは、BB です。

今回は【勤務表】について。

勤務表は所属組織の状況や作成者の個性もあるので、理想的な勤務表とは何かと聞かれると分かりません。

私自身、過去に何人かの勤務表作成者の元で仕事をしてきましたが

作成者によって個性が顕著に現れます。

全体のパワーバランスを考えて組む人もいれば

指して考えず必要な人数だけを組み込むだけの人もいれば

自分の勤務日を好きな面子で固めたり、お気に入りのスタッフだけ連休が多かったり、自分の希望を優先したり等…

やりたい放題な人もいました。

勤務表を作成するのは概ね主任やリーダー等の役職者で、その人が適当な勤務を組む人だと

部下は苦労しますよね。。

私が最初に所属した特養では、主任&副主任が交互に勤務表を作成していました。

副主任(♀)は全体のバランスを組んでくれていたのですが

主任(♂)はあまりバランスを考えず組む人で、勤務表が出て自分の勤務を確認して

何だこのシフト!?

あぁ、今月は主任か…

と溜め息をついた事が何度もありました。

部下は上司を選べませんからね。。

そして月日は流れ、現在私は勤務表を作成する立場になったのですが…

 

本当に難しい…

 

毎月、ある時期になると頭が割れそうになるので、スペアの頭を幾つかストックしておきたくなります。

初めて作った時は、何度破り捨てようと思ったことか。。

頭ぐしゃぐしゃになりつつ何とか作って上司に確認依頼するも

赤ペンやダメ出しの嵐…

俺は勤務表作る能力無いんだなぁ…

何度落ち込んだか分かりませんw

そうは思うものの投げ出わけにもいかないので、四苦八苦しながら作り続けて

もうすぐ丸2年。

毎回、まだまだ未熟だなと実感を繰り返しています。

 

…って、私の苦労話をしたいわけではなくてw

 

今回は勤務表を作成するに当たり、作成者が一番肝に命じなければいけない事について。

ズバリ!

 

 

 

 

まずは自分が犠牲になること

 

 

 

 

介護現場はどこも人手不足。

必然的に無理な勤務を組まざるを得ない状況が多々あります。

自ずと個々の負担は増えていきます。

そうなった時に一番やってはいけない事が

 

 

まず部下に負担を振ること

 

 

急な退職者が出て勤務を組み直さなければいけない時、上司から

 

BB 君、悪いけど公休削って出てくれない?

 

なんて言われたりします。

当の上司は何ら理由付けて勤務はそのまま。

部下だけ休みを削って出勤。

 

これ、一番ダメです。

 

状況次第なので一概に言えませんが、全員が同じ条件である場合は

 

まずは上司が負担を被るべきです。

 

そして、その後に部下。

そうしないと、信頼関係は崩れていきます。

勤務表に限らず、仕事1つ取ってもそう。

部下に仕事振って、汗水流して仕事してる部下を尻目にステーション内で談笑。

 

論外ですよね?

 

介護現場には、この手のタイプの役職者結構います。

何人か見てきました。

いつも腹立ってました。

それもあって、私は言い方悪いでが

 

上司は犠牲

 

だと考えてます。

誰だって犠牲になんてなりたくはありません。

私だって、仕事終わったら定時にすぐ帰りたいです。

ですが、多少なりとも多く給与貰ってるわけですし、自分が引き受けた仕事なので

 

それは仕方の無いこと。

 

よく巷で【社畜】とか【ブラック】とかいう言葉が横行してますが

状況により、多少の犠牲は仕方無いと考えてます。

それがないと回らない現場もあります。

ただ、何でもかんでも一人で背負い込むのは良くありません。

結果、過労で潰れてしまっては誰の特にもなりませんし

 

何より、自分がしんどいです。

 

まずは自分が引き受けて、その後に部下にバランス良く仕事を分散する。

これが大事なのではと、私は考えてます。

 

まぁ、中々難しいんですけどね。。

 

最後に、介護業界で勤務表作成をされている皆様、誠にご苦労様です。

そして、くれぐれもご無理のないようにm(__)m

 

追伸

 

以前、介護職のシフトについての記事を書きました。

具体的にどのような勤務があるか説明しているので

介護業界未経験の方や、これから介護の仕事に就こうとお考えの方は

宜しければご一読下さい。

↓↓

介護職のシフト解説

 

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

プライバシーポリシー

自己紹介

BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。



sponsored link

オススメ記事