BB の介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。

数日で辞める介護職員

time 2017/10/12

数日で辞める介護職員

こんばんは、BB です。

タイトルでピンとくる介護関係者も多いのではないでしょうか?

つい先日、私の所属するフロアに新人が入りました。

初回出勤日の指導担当は8年目のA君。

物腰が柔らかく入居者様にも職員にも優しいA君。

そんなA君から、新人が入職する3日前に相談を受けました。

僕、初日の担当なんですけど、大丈夫ですかね?この前の人は、僕が付いた次の日に辞めちゃったので、何だか心配で…

私はA君に言いました。

そんな数日で来なくなる人間はそもそもの人間性に問題があるんだから、A君のせいじゃないよ。誰が付いてたとしても一緒。気にしなくていいよ。

今回も介護現場アルアルになってしまいますが、介護現場には

 

数日で辞める人間が本当に多い。

 

数日でも出勤すればまだマシですが、勤務初日に連絡もなく来ないとか、結構ザラです。

最近ではもう慣れてしまい

あぁ、またか。。

と溜め息をつくぐらいで、特に何とも思わなくなりました。

私の経験を幾つか紹介しましょう。

【例①】

常勤で入職して2日間勤務して、3日目に体調が優れないからと欠勤。

4日目も体調回復せず欠勤。

病院には行ったのか尋ねると

あ…いや。今から行きます。

その日の夕方電話が来て

薬貰って医者にも問題ないと言われたので、明日は出勤します。ご迷惑おかけしました。

翌日、出勤せず。電話をしてみると

精神的にキツいので、もう出勤できません。

そのまま退職。

【例②】

常勤として入職して3日目に無断欠勤出勤。

電話をしてみると

母が体調崩して実家に帰らなくてはならなくなってしまい、辞めさせて欲しい。

数日後、辞めさせて欲しいと言った当人から電話。

やはり実家に帰らなくて住んだので、また働かせて欲しい。

信用できないので、断りました。

【例③】

派遣の出勤初日に出勤しておらず、派遣会社に電話。

派遣会社が連絡するも音信不通。

そのまま連絡つかず、契約修了。

【例④】

夜勤専任の派遣として来る筈の人から前日夜に電話があり

やっぱり、自信がないので行けません。

などなど。

介護業界には、一部このような低レベルな人間がいます。

常識ある社会人なら、上記のような行動はしません。

こんなことをしていても、どこも人手不足のため、しれっと他社の面接を受けれたりしてしまうのです。

受け入れる側にも準備があります。

労力も時間もコストも発生します。

それら全てを裏切って、数日働いただけで

何か違うわ~

辛いわ~

とか言ってフェードアウトする人間は

 

 

社会人の資格無し!!

 

 

仕事を舐めないで貰いたい。

中にはブラックな環境もあるので、何が何でも続けるべきとは思いませんが、気持ちの問題であるなら、多少の困難は乗り越えなければ駄目です。

以前、介護移民という記事を書きましたが、介護業界は万年人手不足のため、辞めてもすぐに次が見つかってしまいます。

そのせいか、忍耐力がなくすぐに辞めてしまう職員が多い。

何を言っても駄目な人間は駄目。

そういう人間を採用段階でバシッと見極められれば良いのですが

正直、なかなか難しいんですよねぇ。。

 

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

プライバシーポリシー

自己紹介

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。