BB の介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。

リーダーがしっかりし過ぎると部下は思考停止する

time 2017/10/18

リーダーがしっかりし過ぎると部下は思考停止する

こんばんは、BB です。

今回はリーダーの在り方について。

今回の内容は介護に限った話ではないと思います。

介護現場には

  • 主任
  • リーダー

をはじめとした役職者がいます。

責任の度合いなどは環境によって違いますが、様々なタイプのリーダーがいます。

リーダーのタイプについての解説は今回の趣旨ではないので割愛します。

リーダーがしっかりしていることは、介護現場にとって良いことです。

頼りないリーダーに振り回されるより、ドンと構えていて何かあった時に的確なフォローをしてくれるリーダーの方が良いに決まってます。

ただ、リーダーがしっかりしていて一言で正解を導き出してしまうと、同僚や部下は考えることをしなくなります。

例えば、現場で事故が発生して対応策を検討している時、キレ者のリーダーが

🌑を△して※しよう

と一言で解決してしまうと、部下は考える必要がなくなります。

そして、それが当たり前になると事ある毎に

どうすればいいですか?

と聞いてくるようになります。

そして

考えてみてよ

言っても

……

と沈黙…みたいな。

また、意見を持っている部下の場合、考えに考えて導き出した答えより的確な答えをポーンとだされたりすると、やる気が失せてしまったりします。

気の小さい人であれば、意見を言えなくなってしまいます。

経験上、統制を取るにはリーダーが絶対的である方が良いです。

現場を振り回すような厄介な職員を抑えられるので、ある意味ではカッチリした環境になります。

ただ、関係性が体育会系で言うところの

先輩の言うことは絶対

といった主従関係になってしまい、上司に意見が言いずらかったり、言うことを聞いてればいいやとなります。

結果、役職者が不在の日は誰も何も判断できないよう状況になってしまいます。

1番タチが悪いのは、能力が無いのに威圧的で絶対的な上司のいる環境。

最早、説明は不要でしょう。

では、上司が絶対的な立場でなければ良いのかというと、そうとも言えません。

自由に発言できたり変な緊張感無く仕事ができるのは良いですが、ストッパーがいないと各々が好き勝手にやって収拾つかなくなり、混沌とする場合があります。

幾つかそんな環境を見てきました。

 

要はバランス。

 

双方がうまく噛み合った絶妙な環境が理想なんですよね。

上司の仕事は

部下に仕事を任せて待つこと

と言われます。

即座に正解を発信できたとしても

どう思う?

と投げてしばらく待ってみる。

各々の声が上がってきて、まとめる必要がある時はまとめる。

自然と話がまとまれば

いいね、そうしよう

と同意で止める。

人は、自分の意見を発信できないとフラストレーションが溜まります。

もしくは、完全に思考停止してしまいます。

自由過ぎたら止める。

何も出なければ投げ掛ける。

統制取れつつ各々が個性を出せる、そんな環境が理想ですよね。

過去に一人、そんな上司がいました。

彼は事ある毎に

どう思う?

と聞いてくれて、意見を言うと

それいいね!

と受け止めてくれたり

俺はこうした方が良いと思うんだけど、どう?

と、頭から否定せず正解へ導いてくれました。

彼は現在、某法人の施設長となり手腕を振るっています。

自分に彼ほどの器はありませんが、絶妙なバランスを目指し日々試行錯誤を繰り返しています。

まぁ…全然できてませんが。。(汗)

 

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

プライバシーポリシー

自己紹介

介護豆知識

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。