BB の介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。

SNS投稿に見る介護職の特徴

time 2017/11/05

SNS投稿に見る介護職の特徴

こんばんは、BB です。

SNS投稿に見る介護の特徴について。

SNSにおける介護関係者の発信、それに対する反応を見ていると、その人がどんな介護士なのか何となく見えてきます。

SNS繋がりで介護関係の人と会ったことがないので想像の域を超えませんが、多分この人はこんな感じなんだろうなぁと思いながらいつも眺めてます。

投稿に対して

素晴らしいですね!

と賛美する人。

私もそう思います

と同調する人。

私はこう思います

と考えを提示する人。

それは違うよ!

と否定する人等々、リアクションは様々です。

時に一人の投稿や投稿に付いたコメントを巡って炎上をすることもあったり、日々色々なことが起こってます。

文字は人格の分身です。

文面だけ見るとぶっきらぼうに見えるけど、どこか温かみがあり介護士に向いてそうな人もいれば、文面は丁寧だけどどこか人間味の薄い人もいたりと、読んでいると非常に興味深いです。

この人と仕事したら面白いんだろうなと思う人もいれば、現場にいたら厄介だろうなぁと思う人もいます。

まぁ、飽くまで私の想像ですが。

様々なタイプの人がいますが、そんな中で絶対に一緒に仕事したくないタイプがいます。

それは、人の投稿に対して

あなたは介護職としてレベルが低すぎる!

とか

介護福祉士はこうあるべきだ!

とか

もっと勉強して下さい!

などと、然も正論っぽい事を言って炎上の切っ掛けを作る人。

こういう人は大抵議論になっても一向に引かず、第3者の制止も聞かず、ゆくゆくは感情的になり相手の人格否定をする。

訴えの内容もネットや教科書から引っぱってきたようなものばかりで説得力は皆無。

恐らく大した現場経験もなく、現場でも仕事が出来ず煙たがられてるんだなと容易に想像がつく。

たまに現場で見掛けるんですよね、この手の空気読めないタイプ。

こういう輩が現場を掻き回すんですよね。

現場で評価されないからネットで持論を展開したり、他人を攻撃することでストレス発散。

当たらずとも遠からずといったとこではないでしょうか?

介護に限らず、社会にはこの手のタイプが一定数存在します。

そもそも

介護士はどうあるべきだ!

とか言ってる人間が、同業者の人格否定しちゃ駄目でしょうw

施設などで入居者様や同僚と接してる絵が浮かびます。

このblogも私の持論100%なので、様々な賛否の声が寄せられます。

確固たる信念があり私の持論を真っ向から否定する方もいますが、常識のある方であればその場で衝突があっても人格否定には至りません。

たとえ意見が合わず終いであっても、変な蟠りは残りません。

一方、空気読めない人は基本NOルールで相手を攻撃することしか頭に無いので、最終的に

バーカバーカ

みたいな結末になります。

絡んでいる人全員に残るのは無駄な疲労感だけ。

中には個人メッセージで

介護やめちまえ

調子に乗るなよ

とか送ってくる非常に残念な輩もいて、見る度に爆笑してしまいますw

そんな輩が介護や仕事を語ったところで、誰にも何も響きませんよね?

 

話が脱線しそうなので、結論に入ります。

 

リアルでもネットでも、相手を尊重し空気を読んで発信する。

そして、日々真摯に振舞い意見を聞いて貰える土台をつくる。

ネットでも、ポンと出てきた人がいきなり過激な事を言うと

痛いの出てきたな…

と思われますが、日々のやり取りでキャラが確立していれば

この人らしいなw

となるわけです。

そして、この記事で具体的に書いていますが、ネット社会で自身の株下げても

何のメリットもないと思うんですけどね。

 

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

プライバシーポリシー

自己紹介

介護豆知識

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

理想論や綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。