BB の介護のホンネ

綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信。

スタンダードプリコーション(標準予防策)

time 2017/12/11

スタンダードプリコーション(標準予防策)

こんばんは、BB です。

スタンダードプリコーション(標準予防策)

以前コチラの記事でチラッと触れましたが、いよいよ本格的に感染症流行シーズンに突入したので、触れてみようと思います。

スタンダードプリコーション(標準予防策)の定義は

全ての人の

  • 血液
  • 体液
  • 排泄物

を感染源として取り扱う

というもの。

つまり、これらに触れる際は

病気が伝染っちゃう!!

と認識すべきということです。

スタンダードプリコーション(標準予防策)は、全ての感染症に対する基本中の基本です。

それでは、まずは【感染経路】について書いていきます。

感染には、大きく分けて3つの経路があります。

◼接触感染

感染している食品や、感染している人が調理したものを摂取するなど、感染源に直接触れることで感染するもの。

代表的なものは【ノロウィルス】【O157】など。

◼飛沫感染

感染者がクシャミや咳をした際にしぶきが飛んで、それを吸い込むことで感染するもの。

または、感染者が鼻や口に触れた手でドアノブなどを触り、それが乾燥して飛沫し、それを吸い込むことで感染するもの。

代表的なものは【インフルエンザ】など。

◼空気感染

空気中を浮遊しているウィルスを吸い込むことで感染するもの。

代表的なのは【結核】【水疱瘡】など。

(※実際はもっと細分化されているのですが、今回その説明は省きます)

【結核】のように病棟レベルで隔離が必要な病気を日常的な予防法で防ぐのは不可能に近いので、今回は

  • 接触感染
  • 飛沫感染

について書いていきます。

伝わり方は違えど、双方とも感染源に触れることで感染するものなので、感染源を断つことが基本になります。

そこで重要になるのが

  • 手洗い
  • うがい
  • マスク着用

介護施設では、感染源となり得る

  • 血液
  • 体液
  • 排泄物

に触れる際には必ず

  • マスク
  • ビニール手袋
  • (場合によっては)ガウン

を装着します。

そして【1処置1手洗い】が基本になります。

ノロウィルス感染者の排泄物を素手で処理したり、インフルエンザ感染者の咳を直接浴びるなんて事は絶対にしてはいけません。

スタンダードプリコーション(標準予防策)の対象は【疑わしきもの全て】です。

外出時にマスクをしたり、帰宅後にうがい、手洗いをするのもスタンダードプリコーション(標準予防策)です。

街中ですれ違う人がインフルエンザ感染者かも知れないし、ノロウィルス感染者が公共トイレのドアノブを触っているかも知れません。

そのためにマスクで飛沫を防いだり、手洗い、うがいで感染源を断つことが重要になります。

子供の頃、学校から帰った時に母親に

手洗い、うがいをきちんとしなさいよ!

と言われたものですが、それこそスタンダードプリコーション(標準予防策)なのです。

介護現場で働いていてよく思うのは、意外とこれを理解していない職員が多いということ。

そういう職員は公私ともに警戒心が足りないので、よく風邪を引いたりします。

適当にしてるけど、風邪や病気にかかったことがない

という人も、もしかしたら自分が媒介者になっているかも知れません。

スタンダードプリコーション(標準予防策)は

  • 伝染らない
  • 伝染さない

が基本。

これからの季節、野外屋内ともに

自分以外の人は全て何かしらの病気で、自分も何かしら病気持ってるかも知れない!

くらいの意識を持っておくべきです。

とはいえ、警戒し過ぎて引きこもるわけにもいかないと思うので…

  • 外出時にはマスク着用
  • 帰宅したら手洗い&うがい

これらを徹底することを推奨します。

よく、家族の誰かがインフルエンザに感染し、伝染されて一家全滅…

みたいなことがあります。

スタンダードプリコーション(標準予防策)で防げることも多いです。

家族に伝染されて、気付かずに出勤して、施設で入居者様に伝染して大流行とか…

地獄絵図です。。

高齢者のインフルエンザ感染は、場合によっては命に関わります。

専門職の人は、特に意識していきましょう。

感染症においては、今後も何かしらにスポットを当ててちょく×2書いていきます。

インフルエンザやノロウィルスに感染すると、まず何より自分がしんどいです。

超しんどいです。。

専門職の人でない限り、世間は感染症に対する警戒心ユルユルです。

車の運転と一緒で、自身は気を付けていても【もらい事故】の可能性が多々ありますので、くれぐれもご用心下さい。

 

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

プライバシーポリシー

自己紹介

介護豆知識

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信します。