BB の介護のホンネ

綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信。

介護職員の質は低下したのか?

time 2018/03/20

介護職員の質は低下したのか?

こんばんは、BB です。

介護職員の質は低下したのか?

最近、介護職員の【虐待】が頻繁に取り沙汰されます。

人手不足で無理な勤務が続き、限界が来て…

そんな経緯も多く、非難がある傍ら同情的な意見も多く、見る度に何とも言えない気持ちになります。

介護現場経験者なら、尚更複雑な気持ちでしょう。

一歩間違えば明日は我が身ですからね。

事件当事者が利用者から好かれていたという事実も多く、ホント紙一重だと思います。

人間のメンタルって、そんなに強くないですからね。

そして、こういった事件が発生した際、評論家的な人が決まってこんな事を言います。

介護職員の質の低下

人手不足で満足な教育ができず、中途半端な状態で一人立ちさせてしまう。

知識も経験も中途半端な人間が現場に出るから、必然的にリスクは上がる。

確かに、それは事実。

現場としては早く【頭数】が欲しいので、最低限のことを教えて

後はやりながら覚えて!

というのが殆どではないでしょうか?

私も、未経験で入職した特養以外では、まともに教育を受けたことはありません。

そんな状況を知ってか知らずか【教育不足】を言う評論家的な人間が非常に多い。

よく、研修参加率などのデータを元にして他業種と比べたりして偉そうに語っている人や文面を見掛けます。

まぁ、間違っちゃいない。

教育は行き届いてないし、そんな余裕が無いのも事実。

ただ、これに関して個人的に違和感を感じるのは

じゃあ、昔は介護職員の質は高かったのか?

これについて誰も触れないということ。

昔は良かったけど最近はダメというなら解りやすいですが、誰も比較をしない。

そんなわけで、前置きが長くなりましたが

今回は

 

Q:介護職員の質は低下したのか?

 

私の14年の経験でしか語れませんが、これについて書いてみようと思います。

結論から言います。

 

A:大して変わってません

 

昔が良かったわけでも、今が駄目なわけでもなく、介護職員のレベルは一定してこんなものです。

出来る人と出来ない人の比率も同じ。

変わったことと言えば、人手不足が進行したことと【虐待の定義が変わった】こと。

私が仕事を始めた頃は

  • 手にミトン着けてベッドに縛る
  • 車椅子に拘束ベルト
  • 拘束衣

この辺は普通にありました。

パワーバランスも職員優位で、利用者にマウンティングする職員も結構いました。

車椅子から立ち上がって歩こうとする利用者に対して

座ってて!

と声を荒げる先輩職員。

それでも頻繁に立ち上がるなら、車椅子に拘束ベルトを付けて後ろでパチンと止める。

転倒して怪我でもしたら大変だから

と理由付けしてね。

立派な身体拘束です。

座ってて!

と強い口調で制止するのも、立派な拘束です。

当時から高齢者虐待の定義はありましたが、実際の現場には然程浸透しておらず、現場では措置の時代を引き摺った介護が行われていました。

ある意味【ハラスメント】と似てますよね?

  • セクハラ
  • パワハラ
  • モラハラ
  • アルハラ

最近は何かにつけてハラスメント訴える風潮がありますが、昔は普通だったでしょ?

パワハラやアルハラなんて、新社会人の洗礼の儀式みたいなものだったでしょ?

時代と共に価値観は変わるので何が正義という問題ではありませんが、そういうことです。

介護職員のレベルは、今も昔も大差ない。

とはいえ、知識不足は決して良いことではない。

だからといって

外部研修が必要だ!

とか張り切る組織のお偉いさんもいるようですが、勤務外の時間を削って職員を行かせるのとかは是非とも辞めてね?

そんなことすると、余計に虐待増えちゃうからね?

え、理由解よね?

え、解らない?

じゃあ、中二くらいから人生やり直してね❤

↓↓最後にポチっと☆

にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

コメント

  • 全員とは言いませんが、ある意味利用者に近い年齢の職員程その傾向は多いような気がします…

    「近い内にあなたが同じ対応をされるのに」と、いつも思ってしまいます(^-^;

    by ブルーツ・リー €2018年3月21日 07:51

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

オススメ記事



BBの介護のホンネ

BBの介護のホンネ

綺麗事ではなく、現場目線の本音を発信。



sponsored link