BB の毒舌介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】をズバッと発信しています。

サインを見逃すな!

time 2018/07/09

サインを見逃すな!

BB です。

介護現場にはこんな【勘違い】をしてる人が結構多いです。

それは

親身に話を聞くことが良い対応だ!

と思い込んでる人。

学校を出たばかりの新人や、片寄った介護観を持ってる人に多い。

本質的には正しいのですが、飽くまで本質であって、表面的な【親切っぽい対応】ではあまり意味がありません。

具体例で説明しましょう。

 

◼Aさんの『死ぬんだ…』

Aさんは時々

あぁ、俺はもうダメだ。死ぬんだ…

と言います。

こんな時

何か辛い事があるんですか?

私で良ければお話聞きますよ?

と声かけをしても、一時落ち着くことはあっても少し経つとまた

俺はダメなんだ。殺されるんだ…

なんて言い始めます。

そんな事を言っては駄目ですよ。

ご家族が悲しみますよ。

と声かけをしたところで、同じことの繰り返し。

こんな時、どう対応すべきなのでしょう?

答えは簡単。

死ぬんだ…

Aさんがこんな事を言う時は

 

便が出そうか、少し出てしまった時。

 

即ち正解は、トイレへ案内する。

どうしました?

お話伺いますよ?

とか話を続けていたら、便が出る直前だとしたら

 

出ちゃいますよ!

 

余計なことしないで、はやくトイレ行きましょう。

Aさんの

あぁ、死ぬんだ…

というのは、便が出るまたは出たという【サイン】です。

認知症高齢者は、訴えが上手くできずにソワソワしたり、不穏になることがあります。

そんな時に側に行って【傾聴】したところで、何の解決にもなりません。

人それぞれが発する【サイン】を察知して対応するのが、介護職員の仕事です。

 

◼Bさんのトントン

Bさんは、トイレへ行きたい時に右手でテーブルや膝の上をトントンと叩く癖があります。

トイレへ誘った時

今は行きたくない

と言いながら、右手ではテーブルをトントン…

その後、Bさんは車椅子に座った状態で尿失禁をしてしまいました。

新人は

さっきトイレ行かないって言ってたのに…

と困惑気味。

Bさんの発する【サイン】に気付かなかったのです。

 

◼Cさんの『雨』

Cさんは、起床時に窓の外を見て

今日は雨なの?

と聞いてくることがあります。

いや、良いお天気ですよ。

と伝えても

そう、雨なのね…

と繰り返すばかり。

Cさんが『雨』と言う日は、入浴を拒否します。

入浴の声掛けをしたら『具合が悪い』と拒否をされました。熱も無いし、どこも変な様子は無いのですが…

新人が相談してきました。

朝『雨』って言ってた?

と聞くと

あ、言ってました!晴れですと伝えても『雨なのね…』とずっと言ってました。

Cさんが『雨』と言う日は、何か気分が乗らず、一日ゴロゴロしていたいのでしょう。

このように、認知症高齢者は様々な【サイン】を発しています。

それに気付かず【傾聴】したところで、相手にとって迷惑でしかありません。

皆さんだってそうでしょう?

二日酔いで体調最悪なのに仕事の日、更衣室で同僚に

あぁ、ダリぃ…今日マジでサボりてぇ。

とかボヤいた時

戦う前からに弱気になってどーするんだよ!!

自分に負けてるんだよ!!

二日酔いがなんだよ!!

お前ならやれるよ!!

勝てる!!

絶対に勝てるよ!!

二日酔いなんかに負けんなよ!!

とか松※⚫造バリに言われたら

ウザいでしょw?

声かけの上手な介護職員の特徴という記事にも書きましたが、相手は人間。

相手の求めるものに応えることが、対人関係のベースなわけです。

↓↓最後に
にほんブログ村 介護ブログへ
↑↑ポチっと☆

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

オススメ記事



BBの毒舌介護

BBの毒舌介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】を発信。



sponsored link