BB の毒舌介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】をズバッと発信しています。

デキる人目線で業務を組み立ててはいけない

time 2018/08/29

デキる人目線で業務を組み立ててはいけない

BB です。

どの職場にも【タイムスケジュール】みたいなものがありますよね?

例えば

  • 11:30 昼食配膳・配薬
  • 12:00 排泄介助
  • 14:00 レク

みたいな。

もっと細かいものもあれば大雑把なものもあったりと、環境によって様々です。

職員はこれを目安に動くわけですが、職員が辞めて人数が減ったり、利用者が増えたり減ったり等、状況の変化で機能しなくなることがあるため、都度見直しが必要です。

うちの施設では、月に1回会議の時に見直してます。

そんな【タイムスケジュール】を作ったり見直す際に絶対にやってはいけない事は

 

 

デキる人目線で組み立てること。

 

 

どこの職場にもデキる人がいて、そういう人は頭が良く仕事が早いので、よく提案をしてくれます。

例えば

  • 13:00~13:45 排泄介助

だった場合、デキる人は

排泄介助に45分も掛からないから、30分で終わらせて残りの15分をオムツの補充にあてた方が良くない?

と提案してきます。

空き時間を有効に使って効率を上げることは素晴らしいことですが、これには1つ問題があります。

それは、排泄介助が30分じゃ絶対に終わらない職員も居るということ。

これを無視して変更してしまうと、時間内に仕事が終わらない職員が出てきてしまい、結果としてデキない職員が出来上がってしまいます。

介護現場は

  • 仕事が早い=デキる職員

という風潮があるので、必然的にデキる職員の意見は通りやすい。

デキる職員目線で組み立てた結果、デキない職員続出。

デキる職員からしたら

何で出来ないんだよ!

となり、職場はギクシャク。

 

はい【介護現場アルアル】の出来上がり。

 

考えてもみて下さい。

何で100mを10秒台で走れないんだよ!

とか言われても

そりゃアンタだから出来るんだよ!

と思いますよね?

介護現場で14年も働いてると、自分の物理的限界スピードが分かってきます。

それを超えるとミスをしたり事故に繋がるので、その線は超えないようにしてます。

オムツ交換1つとっても

どう逆立ちしてもアイツのスピードは無理!

という人いますよね?

そういう人目線で業務を組み立てるのは危険です。

私が今の職場に入職した頃まさにそんな感じで、デキないとレッテル貼られてる職員が大勢いました。

そりゃあ、そうなるわな。。

新人ながらにそう思ったことを鮮明に覚えてます。

ただ、だからと言ってデキない職員基準で組み立てるのも駄目です。

そうすると業務回らなくなるし、デキない職員が

これでいいんだ~

と堕落しはじめ、全体の質が落ちます。

じゃあ真ん中を取れば良いかと言うと、一概にそうも言えません。

一握りのデキる職員がデキない職員を牽引してる場合、平均するとデキない職員寄りになりますからね。

私の見てきた限り、介護現場は3割のデキる職員が7割のデキない職員を牽引して成り立ってます。

故に、少し頑張らないと出来ないくらいの基準で組み立てるのがベストだと考えてます。

↓↓最後にポチっと
にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

オススメ記事



BBの毒舌介護

BBの毒舌介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】を発信。



sponsored link