BB の毒舌介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】をズバッと発信しています。

人間らしい生活って何?

time 2018/10/16

人間らしい生活って何?

BB です。

派遣として特養で働いていた時のこと。

ある日の朝方、出勤してきたフロア主任が、夜勤職員を注意していました。

その内容が

なんで利用者Aさんをパジャマに着替えなかったの!

というもの。

夜勤職員は、就寝介助の際パジャマを着せようとしたら拒否をされたので、更衣をしなかったと。

それについて

夜はパジャマに着替えて貰うのもサービスの1つ!

と言ってました。

主任は真面目な人で、日頃から入浴拒否をする利用者を一生懸命説得したり、食事をごちゃ混ぜにしてしまう利用者の横に付き、混ぜないで食べるよう促したりしていました。

よく口癖のように

利用者の【尊厳】を守り、最後まで【人間らしい生活】を送って頂く。

と言っていました。

そのため、パジャマの件に限らず、細かい事でよく職員を注意していました。

私は派遣だったので、そんな光景をいつも端から見ていました。

そして、いつもこう思ってました。

 

それって、押し付けじゃね?

 

パジャマに着替えないで寝たり、ご飯とオカズをごちゃ混ぜにしたり、風呂に入らないことって、人間らしくないの?

全部アナタの思い込みでしょ?

介護施設では、全て利用者の要望を聞くと何も出来なくなります。

入浴拒否をするから、半年間入浴しませんでした。

毎回トイレを拒否するので、1日1回もトイレ誘導をしませんでした。

これでは駄目です。

多少強引だったり説得するなりして対応するのも、介護職員の仕事の1つです。

何事にも限度があります。

ただ【尊厳】とか【人間らしい生活】というのは、一歩間違えると押し付けになります。

例えば、私はパジャマに着替えて寝る習慣がありません。

いつも適当なフリースや、ヤレたTシャツを着て寝てます。

きっと、歳を取っても変わらないでしょう。

要介護状態になって施設に入って、夜パジャマへの着替えを勧められたら

いや、俺パジャマ着ねーし

って言うでしょう。

そんな時に

パジャマへ着替えて寝るのが人間らしい生活だよ!

的なニュアンスでアプローチされたら

テメーの価値観押し付けんな!

ってなるでしょう。

食事にしたって入浴にしたって、何だって同じ。

当人がどうしたいかが重要であって、回りの価値観や常識なんて関係無いんですよ。

余談ですが、私はご飯に味噌汁をかけて食べるのが信じられません。

やる人を否定はしませんが、私自身は絶対にやりません。

でも、中には

それこそ人生!

と言う人もいるでしょう。

介護施設での生活はある程度流れか決まってるので、その通りにしていれば人間らしいっぽい生活になります。

ただ、そこから外れることが【尊厳】や【人間らしい生活】には直結しません。

冒頭の主任のように、このへんが理解出来ていない頭の堅い人がたまにいます。

逆の立場になって考えてみましょう。

ただ、例えば

パジャマ更衣めんどくせーから、拒否したってことにしてこのまま寝かせちゃえ!

といった、手抜き前提の対応は言うまでもなくNGです。

これに関しては工夫と手抜きは紙一重という記事に書いているので、そちらをご覧下さい。

↓↓最後にポチっと
にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

オススメ記事



BBの毒舌介護

BBの毒舌介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】を発信。



sponsored link