BB の毒舌介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】をズバッと発信しています。

自己犠牲は良くない

time 2018/10/28

自己犠牲は良くない

BB です。

リーダークラスの方に向けた内容です。

人手不足な介護現場。

ボーナス貰ったら…

そろそろこんな声が聞こえてきて、年末に向けて益々拍車が掛かることでしょう。

当然、勤務はキツくなります。

夜勤のある施設で常勤フルシフトが1人抜けると、勤務を組む難易度がグンと上がります。

絶対数が少なければ致命的です。

組めなくなって公休削ったり

  • 夜勤→明け→夜勤→明け

休みを挟まない夜勤連続みたいなキツい勤務になります。

加えて年末に向けてインフルエンザやノロウィルス等が本気を出してくるので、予防対策の雑務が増えたり、欠勤が増えたり…

これからが大変なシーズンです。

現場レベルで先ず犠牲になるのが

 

  • リーダークラス

 

公休を削ったり連続夜勤などのキツい勤務を組まざるを得なくなった場合、先ずはリーダーがその負担を被ることが多いと思います。

中には部下に負担を振って自分は希望休取りまくりみたいなリーダーもいるそうですが、これは論外。

そんなリーダーは、どんなに仕事ができても支持されません。

ある程度先陣を切って穴埋めをするのは仕方ありません。

ただ、これには限度があります。

有料老人ホームで派遣をしていた時、あるフロアの職員が一斉に辞めました。

そのフロアの主任はその穴を埋めようと、休みを削って出勤したり毎日のように残業したりと、自己犠牲の限りを尽くしました。

結果、過労とストレスで胃潰瘍になり、潰れてしまいました。

日本人は良くも悪くも責任感が強く【自己犠牲=美学】みたいな考えがどこかに根付いてます。

辛い顔せず弱音吐かず、恩着せがましい事も言わず影で苦労するとか

 

なんかカッコいいじゃん?

 

アンケートとかでよくある理想の上司像って、こんな感じですよね。

私も、以前は自己犠牲タイプでした。

格好つけたいとかではなく、シンプルに自分がフォローに入るのが変更が少なくて済むので楽なんですよね。

勤務の変更とか特に。

何人も連絡して、無理と言われたら別の職員に頼んで…みたいな事するより

俺が全部入れば万事OKじゃね?

ってな感じでした。

でも、実際その勤務を実行するのって、かなりしんどい。。

1人で無理した挙げ句自分が潰れたら、現場はより大変になります。

それなら、負担を均等に振り分けて自己犠牲を最低限にする。

これが長い目で見たら一番無理なく効率的だと気付いてからは、自分が無理して負担を背負うのを止めました。

1人の人間がフォローできる範囲には限界があります。

その場は凌げても、長続きしないようなら続けるべきではありません。

個人の人生として考えても、自分が潰れたら自分の生活守れませんからね。

誰も養ってくれないし。

現場は崩壊するし生活は崩壊するし、自分が潰れて特をする人間は誰一人いません。

 

自分を大切にしましょう。

 

また、チームプレーにも影響が出ます。

リーダークラスだけが負担を被っていると、他職員は【負担を被るのはリーダーの仕事】という認識になり、いざ変更を頼むと

なんで俺が

なんて事になります。

【何かあったら皆でフォローし合う】という認識を持って貰うためにも、日頃から負担は平等に振り分けていくべきです。

とはいえ、少なからずリーダーは他職員よりも給料が良かったりするので、人より多少の犠牲は仕方ありません。

いくら他職員より抱えてる仕事が多かったとしても、それは伝わりません。

なんで俺たちが給料高いお前と同じ負担なんだよ!

ってなことになります。

まぁ、人間性次第なので、チームメイトがどんな人かにもよりますけどね。

リーダーの皆さん、あなた達が潰れたら現場はより大変になります。

自分を守るのも仕事。

無理をし過ぎないで下さいね。

↓↓ポチっと
にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

オススメ記事



BBの毒舌介護

BBの毒舌介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】を発信。



sponsored link