BB の毒舌介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】をズバッと発信しています。

リーダーが絶対にやってはいけない事

time 2018/11/21

リーダーが絶対にやってはいけない事

BB です。

リーダーが絶対にやってはいけない事。

最初に勤めた特別養護老人ホーム(特養)でのこと。

直属の上司だった副主任(男)は、面倒なことをすぐ部下に振る人でした。

オムツ交換の時間、自分の対応する利用者が便汚染をしていたら

BB 君、悪いけどオムツ交換代わってくれない?主任と話があってさ~

当日新人だった私は断れず、オムツ交換を代わりました。

暫くして戻ってきた副主任は

あぁ、便だったか。悪ぃなぁ。でも、これも経験だから。

と笑ってました。

夜勤中の忙しい時間帯に

悪いけどちょっと事務所行ってくるから、これやっておいて~

そう言って30分くらい戻って来ませんでした。

事務所で何をしていたかは不明です。

その副主任は誰と組んでも面倒な仕事を押し付けたり消えたりするので、職員全員から嫌われてました。

先輩たちは勤務表が出たらパートナーをチェックして

アイツと一緒かよ…

と溜め息をついてました。

副主任は誰と組んでも全然仕事をしないので、その日は疲れる事確定。

夜勤だと最悪。

ある日、堪り兼ねた1人の先輩が

何で仕事しないんですか?あなたのお陰で皆大変な思いをしているんですよ!

とキレ気味で副主任に問い詰めました。

すると副主任は

いや、俺だって副主任としての仕事があるんだよ。

そう言って話は平行線。

2人は相性が悪く、以降頻繁に衝突してました。

ある日、副主任から飲みに誘われました。

新人なりの悩みを抱えていた私は相談に乗ってくれるのかと思い

良いとこあるじゃん!

と嬉しく感じました。

ところが乾杯直後

BB 君さぁ、俺が仕事しないって言ってる職員がいるみたいなんだけど、BB 君からもそう見える?

と聞いてきました。

そんな事聞かれて新人の私か

そうですね、よくサボッてますよね。

とは言えないので

そうなんですか?

と素知らぬ振りをして返したら

いやぁ、俺も副主任だし、色々やることあるんだよ。でも、皆に伝わらないんだよなぁ~あーだこーだ…

そんな話を2時間くらいされました。

コイツ、ダメだな。。

と確信し、それ以降は仕事以外で距離を置くようにしました。

現場に出てるリーダーがすべき事は

 

誰よりも動く。

 

嫌なことや大変なことを率先してやる。

多少癖があっても、動いていれば変な不満は上がりません。

大変な時間帯に抜けざるを得ない時でも、普段動いていれば回りはフォローしてくれますし、それが大きな不満には繋がりません。

動かない上に言い訳したり、NOと言えない後輩誘って弁明するなんて論外。

 

彼は私にとって有難い反面教師です。

 

リーダーになると、立場に甘えて楽をしてしまいたくなる時があります。

人より抱えてる仕事が多かったり、責任が重かったりしますからね。

でも、部下や後輩にそんな事は関係ありません。

アイツみたいになったら終わりだ!

そう思って日々仕事をしています。

不満の声が直接入ってくることは少ないので、どう思われてるかは分かりませんが、やる事やった上で何か言われてるとしたら、それは感情発信の悪口なので気にする必要はありません。

リーダーの仕事は好かれることじゃありませんからね。

真っ只中だとウザくて仕方無いですが、反面教師は自分を成長させてくれるので、実は有難い存在です。

まぁ、それに気付くのはだいぶ先になりますけどね。

反面教師は宝モノという記事もあるので、宜しければご覧下さい。

↓↓ポチっと
にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

介護職の健康管理

オススメ記事



BBの毒舌介護

BBの毒舌介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】を発信。



sponsored link