BB の毒舌介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】をズバッと発信しています。

暴走を止めよう

time 2018/11/27

暴走を止めよう

BB です。

その日の出勤メンツによって態度激変する職員っていますよね?

私は、中学時代バドミントン部に所属していました。

そこに、普段は大人しいのに部長が不在の日にだけやたらと仕切りたがる先輩がいました。

先輩とはいえ大した実力はなく、試合をしたら勝つ自信はありました。

そのくせやたら偉そうにしていたので、後輩からは全く慕われていませんでした。

営業職時代にも、店長が会議で不在の日に態度が急変する先輩がいました。

先日の記事の副主任をはじめ、年齢や環境問わずこのタイプは世の中に一定数いるので、ストレスを抱えている人は多いと思います。

以前、派遣で特養に勤めていた時のこと。

私が入って3ヶ月くらい経った頃に入ってきた中山さん(仮名)がそんな人でした。

歳は私の2つ下で、当時28歳。

介護職キャリアは8年で、以前の職場では副主任をしていたとの事。

役職経験者によくいるのですが、新しい職場に来ても以前のスタンスでやろうとしたり、上からアプローチしようとする人がいます。

山中さんはその典型的なタイプで、キャリアに自信を持っていて、やたらと仕切りたがっていました。

そのくせ大した仕事はできず、陰口のネタになってました。

主任かいる時は典型的なゴマすり体質のイエスマンで、特に自己主張はせず。

主任が休みの日は水を得た魚のように活き活きと仕切ってました。

そういうタイプでも仕事ができれば

まぁ、言ってもやる事はやるしな。

となるんですが、彼はよくテンパっていて的確な指示出しも出来ません。

よって、彼がリーダーの日は現場は無駄にバタバタでした。

同じ派遣の同僚と

やっぱ上に立つ人って大事だよね。

なんて話をよくしました。

現在、私は顔色を伺われる立場なのでそういうストレスはなくなりましたが、上記の山中さんみたいに仕切りたがる職員が暴走しないように、時々五寸釘をぶっ刺してます。

介護業界は人間関係のストレスが大きいです。

仕切りたがりな先輩にストレスを抱える立場、そういう部下に頭悩ませる上司。

それぞれの立場にストレスがあります。

なので、上司の不満ばかり言う部下に対して

大した仕事してないのに文句ばっか言うな!

とは思いません。

自分も経験してきた事ですからね。

まぁ、たまに言いたくなる奴もいますがw

ただ、仕事が出来て気配りができる人が、そういう人間に振り回されてストレスを溜め込んでしまいます。

そうならないよう五寸釘をぶっ刺すのが、今の自分の仕事だと考えてます。

と…

結局何が言いたいか分からない内容になってしまいましたが、Twitterを見ていてふと思ったので、書いてみました。

話は戻りますが、新しい職場に入ったら前職のキャリアとかは一度置いといて、真っ白な状態で入るべきです。

勘違いしてはいけません。

郷に入れば郷に従え的な内容の記事もあるので、宜しければご覧下さい。

↓↓ポチっと
にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

介護職の健康管理

オススメ記事



BBの毒舌介護

BBの毒舌介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】を発信。



sponsored link