BB のリアル介護

介護士BB です。介護歴14年目になります。綺麗事ではなく、介護現場の【リアル】のみをズバッと発信しています。

悲劇のヒロインになっては駄目

time 2018/12/18

悲劇のヒロインになっては駄目

BB (@kaigo_bb) です。

困難に直面した時の考え方について。

まずはじめに、blogタイトルを

【BB のリアル介護 】

に変更しました。

今後とも宜しくお願い致します。

sponsored link

アトピー最悪時代の話

前回の記事に書いた通り、私はアトピー性皮膚炎です。

最近ではパッと見分からないくらい抑えれてますが、油断したり生活乱れたりすると悪化します。

営業職時代、人生最悪に悪化した時のこと。

目の回りは一晩泣き明かした位に晴れ上がり、全身真っ赤、常に痒い。

眉毛は抜け、髪の毛は抜け、激務とストレスで精神的にも肉体的にも最悪でした。

人間、余裕がなくなると負の感情に支配されるものです。

何で俺だけこんな目に遭うんだ…

俺は可哀想な人間だ…

そして

全部アトピーのせいだ!

そう考えるようになります。

少なくとも当時の私はそうでした。

結局、全て自己責任

社会とはそう甘くはないもので、自分がどれだけ苦しんでいても、誰も助けてくれません。

酷く痒かろうがメンタル落ちようが、仕事は待ってくれません。

当時の私は、仕事ストレスから夜中に甘い物やスナック菓子を、今考えたら尋常じゃないくらい食べてました。

それしかストレス発散方法がありませんでした。

甘い物やスナック菓子はアトピーには厳禁なので、当然悪化します。

加えて睡眠不足(というか眠れない)、ストレスが加わってより泥沼に。

 

アトピーを悪化させたのは…

結局は私自身でした。

 

ストレスだなんだ自分以外のせいにしても、結局アトピー悪化して苦しんでるのは自分自身。

自業自得です。

当時の上司もアトピーで、彼はステロイド内服や入院歴もあるくらい重度のアトピーでした。

それにも関わらず辛い素振りは一切見せず、営業成績全国ナンバーワンのやり手営業マンでした。

私は当時、彼とは生まれもったポテンシャルが全然違うと思ってました。

頭の良さ、精神力の強さ、同じ人間ではないんだなと。

ある日の営業後、身体を掻いていたら、その上司が声をかけてくれました。

アトピー辛いか?

はい、こんなに悪くなったのは初めてで…

確か小声でそんな返答をしました。

すると、上司は心配するではなく、続けてこんな事を聞いてきました。

お前、なに食ってる?

私はストレスで暴食してること等を正直に離しました。

バカ、そんなもん悪くなるに決まってんだろ!全部お前のせいだ。いいか、今から言う物を明日から絶対に食うなよ。

そう言われて、前回の記事に書いたアトピーが絶対に食べてはいけない物をはじめ、駄目なものを一通り教えてくれました。

それを聞いた時に

(そんなにあったら、なに食ったらいいんだよ!)

心の中でそう叫びましたが

このまま真っ赤で一生痒いのと、好きな物食わずに楽になるか、どっちがいいんだ?

そう言われ、食事制限を決心しました。

食のローテーションに入っていたものが殆ど食べれず、しばらくは苦労しました。

我慢できずチョコレートを沢山食べてしまったこともありました。

でも、半年くらい続けた結果、見違えるくらいに改善しました。

会う人誰もが

良くなったなぁ。

と声をかけてくれました。

まぁ、元の食生活がめちゃくちゃでしたからね…

以降は傾向と対策ができたので、アトピーが悪化してもそんなに怖くないし、そこまで悪化させないようにコントロールすることもできてます。

ストレスや過労など、様々な要因か重なって何やっても全然良くならない事はありますが、そんな時に対策をしていなければ、もっと致命的に悪化することでしょう。

当時の上司には今でも感謝しています。

心と身体は一心同体

アトピーが悪化すれば、メンタルも悪化します。

苛々するし悲しい気分になるし、ロクな事はありません。

逆に、辛いことがあっても身体の調子が良ければ、そこまでメンタルは落ちません。

身体が辛い時に大きな失敗をして立ち直れない。

でも、体調管理ができていれば、そこまで落ちなかったかも知れない。

常にストイックに自分を追い込めとか、できなかった自分を責めろと言うのではありません。

あ~駄目だったな。ちと対策してみるかぁ

この考えのシフトが大事なのです。

まとめ

自分に降りかかる事は全て自分の責任だと考える。

ただ、それは自分を責めるのとは全然違う。

駄目だった原因を突き止め、改善するために動く。

それが駄目なら、別の方法を考えて動く。

これが大切なのです。

誰も助けてはくれません。

自分で何とかするしかありません。

そう考えてないと、心配して手を差し伸べてくれる人がいても、それに依存するだけで、下手をすると今より更に弱くななってしまいます。

1人勝手に悲劇のヒロインになっていても、何も変わりませんからね。

↓↓ポチっと
にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護持論

介護考察

介護日常

介護豆知識

自己紹介

プライバシーポリシー

BBのひとり言

介護職の健康管理

オススメ記事



BBのリアル介護

BBのリアル介護

介護歴14年目。綺麗事ではなく、現場目線の【リアル】をズバッと発信。



sponsored link