BBのリアル介護

介護士BBです。綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。

介護現場で事故が起こった時、1番やってはいけない事とは?

time 2020/04/21

介護現場で事故が起こった時、1番やってはいけない事とは?

介護士BB (@kaigo_bb) です。

介護現場で1番やってはいけない事とは?

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

介護現場では、どんなに注意しても事故は起こります。

自分の不注意で転倒を防げなかった…

そんな時もあります。

介護職員も人間なので

誰にでもミスはあります。

私も、よくミスをして凹んでますw

今回は“介護現場で事故が起こった時、1番やってはいけない事”について。

sponsored link

コレをしてる介護現場は危険!

介護現場でよくある事故の1つに

誤薬(ごやく)

があります。

薬を配る時に

  • 山田太郎さん
  • 山田花子さん

同姓の利用者2名の薬を持っていたとします。

間違えて、太郎さんに花子さんの薬を飲ませてしまいました。

これが【誤薬】です。

薬の内容によっては大事故です。

このような事故が発生した時、原因を究明して対策を検討します。

この時に1番やってはいけない事が

気をつけましょう。

で終わらせること。

これは対策でも何でもありません。

100%同じ事故をくり返します。

事故が起こる度に「気をつけましょう」で終わらせている介護現場は危険です。

理由は明確です。

人間の注意力はアテにならない

人間の注意力ほどアテにならないものはありません。

事故を起こした職員も、最初は注意していても、時間とともに意識が薄れ、いずれ忘れます。

上の【誤薬】事故の原因は

  • 2人分の薬を持っていた
  • 同姓者の記名が見ずらい
  • Wチェックをしなかった

対策をするなら

  • 薬を配る時は1人分の薬しか持たない
  • 同姓者の薬袋にはペンでマーキングをして注意喚起をする
  • 薬を配る時に名前をWチェックする

具体的なものである必要があります。

そして最も大事なのが

 

全職員が同じ対応をすること。

 

人間は自信家で面倒くさがり屋です。

対策を決めても、いずれ手抜きをはじめる職員が必ず出てきます。

そして同じミスをくり返し

注意力が足りなかった…

と反省するもすぐに忘れて

俺だけは大丈夫!

これの繰り返しです。

そんな職員を生まないためにも、全職員で実行してサボりにくい環境をつくる必要があります。

そうしないと、いずれ取り返しのつかない大事故が起こります。

断言します。

事故を0にするのは不可能

少し脱線します。

私はバイクが趣味です。

回りには多くのライダー仲間がいますが、中には定期的に事故を起こす人がいます。

そういう人たちに共通するのが

  • 根拠のない自信

自分の運転技術を過信していたり、自分の能力を見誤っていたり

俺だけは大丈夫♪

と思っていたり。

教習所に通っている時、元警察官で白バイ乗りだったベテラン教官からこんな質問をされました。

Q:運転が上手い人ってどんな人?

  1. 運転技術か優れている人?
  2. 人より速く走れる人?
  3. 車庫入れが上手い人?

うーん…

悩んで答えられなかった私に教官が教えてくれた答えは…

A:事故を起こさない人

事故を0にするのは不可能ですが、確率を減らすことは可能です。

まとめ

介護現場で事故が発生した時に1番やってはいけない事は

  • 気をつけましょう

で終わらせること。

これは対策ではありません。

人間の注意力はアテにならない上に、危機感は時間とともに薄れていきます。

そして

俺だけは大丈夫!

とサボりはじめる職員が出てきて、いずれ取り返しのつかない大事故が起こります。

そんな職員を生まないために

  • 全職員が同じ対応をする

サボりにくい環境を作りましょう。

事故を0にすることは不可能ですが、0に近づけることは可能です。

大事故を起こす人に共通するのが

  • 根拠のない自信

学びという付加価値を除けば、事故は誰も特しません。

以前の職場で、自分の不注意で大事故を起こしてしまい、それがトラウマになって介護職を辞めてしまった先輩がいました。

心に大きな傷を負ってしまうし、何より高齢者の命を危険に晒してしまいます。

ここまで読んでドキッとしてしまったアナタ!

今すぐに

 

注意力をアテにするのは止めましょう。

 

人間の注意力なんて

ダイエットは明日から♪

くらいアテになりませんから。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護ブログ紹介

オススメ記事



BB のリアル介護

介護士BB

介護士BB

 現場歴15年目の介護士です。『BBのリアル介護』では、綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。 [詳細]



sponsored link