介護士が『働きやすくなる』ブログ

介護士Kです。現場の介護士が『働きやすくなる』情報を発信中。

SNSでコレだけは絶対にやるな!!

time 2020/12/12

SNSでコレだけは絶対にやるな!!

介護士K (@kaigo_kk) です。

SNSでコレをやっている人は、今すぐに止めて下さい。

皆さん、SNSやってますよね?

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

何もしていない人のほうが珍しいですよね。

スマホ1台で何でも出来る時代になりました。

誰でも簡単に全世界に向けて発信できるようになりました。

ブラジルの人と簡単に繋がれます。

ただ便利な反面…

 

リスクも大きいです。

 

自分の身は自分で守らないと、大きな痛手を被ります。

今回は本当にあった怖い話を元に、SNSで絶対にやってはいけない事について書きます。

sponsored link

SNSの【愚痴投稿】はデメリットしかない

SNSでいつも気になるのが…

 

職場や上司の【愚痴投稿】

 

閉ざされた環境で働いていると、人間関係のストレスが膨らみます。

SNSには、毎日のように職場や上司の愚痴が投下されています。

何を言おうが個人の自由ですが、ハッキリ言ってお勧めしません。

何故なら…

 

デメリットしかないから。

 

こんな事いうと…

愚痴でも言わないと、やってらんねぇよ!!

とか…

共感したり、励まされたり、救われる人もいるんだ!!

と言う人がいます。

確かに、そういう側面はあります。

投稿することでスッキリする事もあるかも知れません。

ただ、それを加味した上でも…

 

デメリットしかありません。

 

理由を説明します。

なぜ【愚痴投稿】がダメなのか?

【愚痴投稿】は、発信する人はスッキリするかも知れません。

同じ目線の人たちと共感できるかも知れません。

ただ、確実に…

 

アナタの印象を下げます。

 

SNSは不特定多数の人が見ています。

【愚痴投稿】ばかりしていると、良識のある人には100%悪印象を与えます。

第3者の声なんてどうでもいい!!

…と思う人もいるでしょう。

個々の価値観は否定しません。

他人にどう思われようと、自分の言葉を発信したい人は、それで良いと思います。

ただ、それに伴うリスクを把握していないと、後になって…

エラい事になった…

という事になります。

 

これね、マジで危険です…

 

今から本当にあった怖い話を2つ紹介します。

ヨシアキさんの末路…

以前、Twitterで繋がっていたヨシアキさん(仮名)の話をします。

ヨシアキさんは、Twitterで職場の愚痴を散々投稿した挙げ句、ケンカ別れのように退職しました。

そして、転職活動をはじめました。

良い求人を見つけ、面接のアポを取りました。

良い職場見つけた!明日面接♪

みたいな投稿をしていました。

介護業界は致命的な人手不足なので、面接をすれば8割は採用になります。

準備万端で面接当日を迎え

その日の夜…

手応えあった♪

と投稿していました。

ルンルン気分のヨシアキさんでしたが、後日こんな投稿が…

 

不合格の連絡きた。。

 

そして

俺を不合格にするなんてセンスねー施設だな。コッチから願い下げだ!!

みたいな投稿をしていました。

ヨシアキさんはTwitterに、○県△市の施設と具体的に書いていたので

あれ?もしかして…

…と思い知人に連絡してみたらドンピシャ、知人の勤める介護老人保険施設(老健)でした。

知人は、フロアのサブリーダーをしているので、ヨシアキさんの事を聞いてみると…

あぁ、何日か前に面接に来た人かな?うちのリーダーが面接で落としたって言ってた。

その人、Twitterで前の施設の事をボロカスに言ってたみたいで。

リーダーも半信半疑だったみたいだけど、履歴書見て絶対この人だと確信して落としたみたい。

知人の施設のリーダーさんもTwitterをやっていたらしく、ヨシアキさんのツイートを見ていたそうです。

ヨシアキさんは事もあろうに、正体がバレるような投稿をしたり…

今から面接です!

と、知人の施設最寄り駅の写真を添えてTwitterに投稿したり…

身バレのリスクを全く考えずにTwitterをやっていました。

 

結果は…ご覧の通り。

 

後日、ヨシアキさんのTwitterアカウントは消えていました。

この話をすると殆どの人に…

そんなこと滅多にない!!

オレはそんな馬鹿なマネはしないから大丈夫♪

と言われます。

確かに、そこまで頻繁にあることじゃ無いかも知れません。

ただ、最近では

  • Twitter採用

をしている会社も多く、スカウト目的でTwitterを見ている人もいます。

即ち、アナタの投稿は…

 

選別の材料になっています。

 

【愚痴投稿】をする人に好印象を持つ人はいません。

今すぐに転職を考えていない人も、いつ何があるか分かりません。

慎重になりましょう。

【密告者】はアナタの隣に…

スマホには【スクリーンショット(スクショ)】という機能があって、画面を簡単に保存できます。

10年以上前、派遣先での出来事。

派遣先の社員だった矢野さん(仮名)

矢野さんは、影でよく【お局】の悪口ばかり言っていました。

Twitterにも【お局】の愚痴投稿をしていました。

ある時【お局】の配下が矢野さんのTwitterアカウントを見つけ出し…

アイツ、Twitterで【お局様】の悪口言ってましたよ!

と、スクショした画像を見せました。

これを切欠に【お局】軍団が矢野さんへ一斉攻撃を仕掛け、矢野さんは…

病んで退職してしまいました。

信じるか信じないかはアナタ次第ですが…

今回紹介した話は全て…

 

実 話 で す

 

Twitter投稿が切欠で…

面接落とされるとか…

職場追われるとか…

 

シャレになりません。。

 

SNSで本名公開している人も多いです。

プライバシーなんて、あって無いようなものです。

何かを発信する時は一旦立ち止まり、熟考すべきです。

後悔は、後ろからジワジワ忍び寄ってきますから…

最後に

文字は人格の分身です。

SNSで第三者に向けて

上司にこんな事言われた!アイツ、マジムカつくんだけど!!

と言うのと

上司からこのような指摘を受けたのですが、皆様はどう思われますが?

言い回しを変えるだけで、印象はガラッと変わりますよね?

SNSは有効活用すればメリットの大きいツールです。

せっかくの便利ツールなので、マナーを弁えてメリットのある使い方をするほうが賢明ですよね。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護士が『働きやすくなる』ブログ

介護士K

介護士K

現場の介護士が『働きやすくなる』情報を発信中。



sponsored link