介護士が『働きやすくなる』ブログ

介護士Kです。現場の介護士が『働きやすくなる』情報を発信中。

不穏にさせる介護士

time 2017/09/30

不穏にさせる介護士

介護士K (@kaigo_kk) です。

今回は【不穏にさせる介護士】

以前、声かけについての記事を書きました。

介護現場は人手不足のため接遇が疎かになりがちですが、そんな状況だからこそ、たった一言の声かけが大切になってきます。

夜勤に多いのですが、やたら不穏な入居者様が多い日があります。

そして、そういう日の夜勤は決まって同じ職員だったりします。

勿論、こちらの関わり方の問題でない場合もありますが、入居者様を不穏にさせる確率の高い職員がいるのは事実です。

これはどの職場にも共通するのではないでしょうか?

声かけや関わり方に正解はありませんが

どうしました?

という声かけ一つで不穏にさせてしまう場合もあります。

買い物などをしていて、店員の何気ない態度でイラッとした経験は誰もがあると思います。

同じ言葉や説明であっても、表情や仕草、語気や話すスピードで心地好く感じることもあれば、そうでないこともあります。

例えば、夜間ナースコールやセンサーが同時に3つ鳴って、その時対応できる職員が1人だったとします。

同時に対応できない上に、転倒リスクが高い方のセンサーもあり焦っています。

そういう時に、緊急でない方のナースコールに

少しお待ち下さい

と雑な感じで対応してしまったとします。

この言葉ひとつ取っても、クレームに繋がる職員もいれば、何の問題にもならない職員もいます。

入居者様はその時の対応が気に入らず立腹し、不機嫌になり、夜間眠れなくなる。

対応した職員は

不穏にて夜間不眠

などと申し送ったりします。

これもまた、介護現場アルアルかも知れません。

最初のナースコールの時点で怒らせてしまったなら、手が空いた時に伺いフォローする。

夜勤中座る暇もないくらい忙しかったなら、夜勤明けで顔を出して謝罪するなど、方法は色々あります。

相手も人間。

火の無い所に煙はそうそう立ちません。

良い関係を築くためにも、たった一言の声かけは大切です。

そして、良い関係が築けていれば、変な話ですが多少雑な関わりをしてもクレームにはなりません。

 

空気読めない人っていますよね?

 

言葉遣いは丁寧で別段不真面目でもないのに、一言多く話してるとイラッとしてしまう。

入居者様と接していても、言葉遣いは悪くないのにクレームを発生させてしまう。

こういう人が、介護現場には結構多い気がします。

注意し、何が良くないかアドバイスをしてもピンときてない場合が多く、なかなか改善されません。

悪気が無い場合もあるので、難しいんですよねぇ。。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護士が『働きやすくなる』ブログ

介護士K

介護士K

現場の介護士が『働きやすくなる』情報を発信中。



sponsored link