BB のリアル介護

介護歴15年目の介護士です。綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。

自己紹介

自己紹介

初めまして

介護士BB (@kaigo_bb) と申します。

介護現場で働きはじめて15年目、現在は介護老人保険施設(老健)で仕事をしています。

読者の皆様、いつも読んで頂き有難うございます。

初めて読んで下さった方、有難うございます。

当ブログ『BB のリアル介護』では、タイトル下に書かれているように

綺麗事ではなく

現場目線の【リアル】

を発信しています。

誰もが自由に全世界に向けて発信できる時代になりました。

SNSなどでは、日々現場の介護士のリアルな声が飛び交っています。

前向きなものから惨状を嘆くものまで、内容は様々です。

ニュースでも介護現場について度々発信されています。

最近は、介護職員が入居者を虐待…みたいな悲しいニュースをよく目にします。

介護現場を知らない第3者からしたら、介護の仕事は

給料安くて大変

といったイメージではないでしょうか?

そして、度重なる虐待ニュースや、SNSで横行する愚痴や不満などの投稿を見て

介護職員レベルが低い

と思っている方も多いのではないでしょうか?

良くも悪くも、そこには誤解があります。

なぜ、負の発信や悲惨な事故が減らないのか?

これは、介護の現場を知る人間にしか分かりません。

私は、介護現場で働き始めて15年目になります。

このブログでは、そんな私が感じた介護現場の【リアル】をストレートな言葉で発信しています。

sponsored link

私は【キラキラ系】の介護士ではない

最初に断言しておきますが

介護は遣り甲斐のある素晴らしい仕事だよ!

介護の仕事はお金じゃない!

介護士はこう在るべきだ!

という発信しようとは

 

1ミリも思っていません。

 

15年間で色々な人と仕事をしてきましたが、ハッキリ言って介護現場には変わった人間が多い。

よくこれで今まで社会生活成り立ってたな…

この環境でしか通用しないんだろうな…

という人間が本当に多い。

そのため、虐待などのニュースを見る度に異次元の話というより

あり得ない話じゃないな

と感じてしまいます。

そして、まともな人間でも、そうなってしまう理由もわかります。

老々介護に疲れて相手を…

というニュースを見たことありますよね?

誰だって身内を手にかけようなんて、最初は思ってもいなかったハズ。

ただ、精神的に追い込まれてしまうと、そうなってしまう…

 

これが【介護】というものです。

 

介護現場の仕事と身内の介護は別物なので、逃げ場が無いといった追い込まれ方はないかも知れませんが

  • 慢性的人手不足サビ残当たり前
  • 夜勤ワンオペ休憩一切取れない

こんな状況下で心身ともに疲弊した結果、正気を保てなくなり…

あり得ない話じゃないな

と思ってしまうわけです。

これは、身内の介護や介護現場で働いたことのある人にしか分からないと思います。

これを

  • 遣り甲斐
  • お年寄りの笑顔

だけで乗り切ろうなんて到底不可能です。

正気の沙汰ではありません。

遣り甲斐だけで飯が食えたら、世の中に貧困なんて存在しません。

ただ、私はこれに関しても

介護現場は大変なんだから仕方無いじゃないか!

と言いたいわけではありません。

どんな理由であれ駄目なものは駄目だし、過酷な状況下で働き続けることは美徳でも何でもないし、それしか選択肢のない生き方が健全とも思いません。

介護現場を取り巻く状況は今後も変わることはないでしょう。

人手不足は解消しないだろうし、給与水準も変わらないでしょう。

でも、私は可能なら身体が動くうちは介護現場で働き続けていたい。

今から、そのために個人的に必要だと考えていることを幾つかピックアップしていきます。

収入を上げる

私は

幸せは金で買えない!

介護の仕事は金じゃない!

こういった考えが大嫌いです。

幸せは金で買えます。

低年収では一向に生活は楽になりませんし、精神的な余裕なんて絶対に生まれません。

介護の仕事を始めた頃は

  • 年収300万円前後
  • 手取り15~16万円

くらいでした。

当時は若かったので然程辛くはありませんでしたが、今当時と同じ年収だったら結構キツいと思います。

歳とともに心身衰えていきますからね。

幸い環境と仕事に恵まれ収入が上がり、今では生活に全く困っていません。

ただ、不規則な生活を続けているのは事実で、いずれ大病や怪我などでこの生活が維持できなくなる可能性があります。

安心は一切ありません。

そのため、資産運用、お金を生み出す方法など、日々自分なりに調べて試行錯誤しています。

環境や考え方は自分で変えようと思わなければ絶対に変わりません。

それどころか、歳を取れば取るほど修正不可能になります。

地道にコツコツ働き続けていけばいずれ報われる

なんて考えは昭和の遺物です。

少しずつ蟻地獄にハマッていき、足首~膝~気付いたら首…脱出不可能、時すでに遅し…

そうならない為には思考停止せず、常に情報収集し、考えて行動し続ける必要があります。

体調管理の徹底

どんな形であれ身体が動くうちは現場で働き続けていきたいので、体調管理は必須です。

私は現在、月に7~9回夜勤に入っています。

結構キツいんですよ。

そろそろ若くもないしw

ただ、最近は体調管理をしているためか、20代の頃より夜勤をしていても身体が楽です。

経験とともに仕事の要領良くなったり、メンタルコントロールが上手くなったのも要因かも知れませんが、確実に加齢は進んでいるし、今後ますます厳しくなります。

ここのコントロールが出来ないと、それこそ心身崩壊して虐…というのが他人事ではなくなるので、心身ともに健康で働き続けるためにも、体調管理を徹底する必要があります。

現時点では記事数少ないですが、今後自分を実験台にした体調管理の発信を増やしていこうと考えてます。

現場介護士のストレス発散

個人的に、ここが一番大きいかも知れません。

介護現場は慢性的人手不足で、介護士は疲弊しています。

そんな現場で奮闘している介護士の方々にとって、ストレス発散のコンテンツでありたいと考えています。

介護現場で働いている人にしか分からない現場あるある、笑い話など。

疲れた時に

わかるわー

と、帰りの電車で見て笑えるネタ記事も、どんどん書いていきたいと考えてます。

最近、Twitterではそんな発信を始めているので、Twitterアカウントお持ちの方は、是非とも覗いてみてやって下さい。

終わりに

ブログの自己紹介というのは、本来は一番最初に書くものだと思います。

現に、今まではコチラの投稿を自己紹介として貼っていました。

当初は

自分の経験や考えをUPしていって、ネタが切れたらその時考えよう

というザックリな感じで始めたのですが、開設から2年以上経ち、読者も増え、記事を公開したら一定数のアクセスは確実に来るようになりました。

今後、今まで通り自分の思うことを気分で発信している日記的なスタンスでは、最早価値はありません。

現在、ブログを一から見直しています。

まだ漠然としていますが、コンテンツや情報の幅を広げていこうと考えています。

自己紹介も定期的に更新していきます。

とはいえ、お固くまとまったり、常識的な発信ばかりしたり、誰もが発信してる事を焼き直しても無価値なので

  • ユルさ
  • 隙だらけ
  • 片寄った持論
  • たまにくる毒舌

といった根本的スタンスは変えません。

このブログからツッコみ所を取ったら…

 

 

何 も 残 り ま せ ん www

 

 

今後とも『BB のリアル介護』を宜しくお願い致します。

(最終更新:令和元年・7月1日)

人気記事


残業がほとんどないホワイト企業への転職は【しろくま介護ナビ】

sponsored link

介護『超』持論

介護現場を考える

介護現場の日常

介護職の豆知識

介護職の健康管理

介護職とお金の話

BBのひとり言

自己紹介

オススメ記事



BB のリアル介護

介護士BB

介護士BB

 現場歴15年目の介護士です。『BBのリアル介護』では、綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。 [詳細]



sponsored link