介護士が『働きやすくなる』ブログ

介護士Kです。現場の介護士が『働きやすくなる』情報を発信中。

天職とは?

介護士K (@kaigo_kk) です。

『天職』って何でしょう?

SNSでほぼ毎日と言っていいくらいよく見かける投稿。

私、介護職に向いてないかも…

向いてない仕事を続けることって、苦痛ですよね。

介護職に限らず、どの仕事も同じだと思います。

ただ、それと同時に

それって違うんじゃね?

と、かなり昔から違和感ハンパなかったことがあります。

今回は、それについて書いていきます。

sponsored link

そとそも『天職』って?

まずは調べてみました。

『天職』

その人の性質・能力にふさわしい職業。

うん、考えていたイメージとほぼ一致しますね。

介護の仕事楽しい!

これって天職かも!!

と言う人もいれば

向いてないかも…

と言う人もいると思います。

どちらが『天職』だと思いますか?

好きと向いてるは全然違う

ここ、物凄い重要。

  • 好きな仕事=天職

と考えるのは間違ってます。

例えば上の

天職かも!!

と嬉々として言ってる人が、現場でオムツ交換もリスク把握も何もできないとしたら、それは『天職』でも何でもなくただ

 

好きなだけです。

 

こういう人、現場に結構多いです。

逆に

向いてないかも…

と言人が現場で重要なポストを任されていたとしたら、それは向いていないのではなく

 

好きじゃないだけです。

 

介護現場に必要な人財がどちらかは、言うまでもありませんよね?

決めつけるの早くない?

そして、これもかなり違和感。

例えば、同じミスを繰り返したり、オムツ交換をはじめ、介護スキルが中々上達せず

向いてないかも…

と言っている人が、介護職歴3年目とかだったりします。

 

判断するの早すぎませんか?

 

  • 石の上にも3年
  • 一芸十年
  • 大器晩成

という言葉がありますよね?

向き不向きとは、様々な挫折や困難を乗り越えた、だいぶ先に気付くものだと私は考えてます。

少し辛いことがあっただけで

向いてないかも…

と言ってしまう人は向いてないのではなく

 

社会人としての適正がないのです。

 

ハッキリ言って、こういう人は職場や職種変えても無駄。

転職を繰り返して理想の仕事に巡り会えたとしても、それはたぶん偶然好きな環境に巡り会えただけ。

能力として適正があるかは、かなり疑問です。

向いている人とは?

介護職に向いている人は、好きな人ではなく【できる人】です。

  • 責任感
  • 介護技術
  • リスク管理

上げたらキリがありませんが、好きなだけで出来るような簡単な仕事ではありません。

端から見たら向いている人が

向いてないかも…

と言うのは、高確率で能力が高く責任のある立場を任されていて、ストレスや仕事量で疲弊しているからです。

これもきっと、介護職に限らずどの仕事も一緒。

結局のところ『天職』とは?

ここまでの話でお気付きかも知れませんが

 

好きで適正のある人

 

だと思います。

経営者とかがこれに当てはまりますね。

ただ、好きで適正のある仕事に巡り会える人はかなり少ないと思います。

何故なら

 

相当キツいから。

 

経営者って、好きな仕事できて楽で幸せな仕事だと思う人います?

そんな筈ないですよね?

まとめ

『天職』とは好き嫌いではなく、適正があるか無いか。

自己判断ではなく、客観的スキルがどうかが重要。

少し辛いくらいで

向いてないかも…

と言ってしまう人は、その仕事の適正以前に社会人としての適正が無いので、環境を変えても一緒。

『天職』とは

 

好きで適正のある仕事

 

介護現場においては、好きなだけで適正のない人が本当に厄介。

というか、危険極まりない!

これについては、当blog人気者No.2記事

介護職に向いてない人とは?

をご覧下さい。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護士が『働きやすくなる』ブログ

介護士K

介護士K

現場の介護士が『働きやすくなる』情報を発信中。



sponsored link