BB のリアル介護

介護歴15年目の介護士です。綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。

頭を使える介護士になろう

time 2019/05/04

頭を使える介護士になろう

BB (@kaigo_bb) です。

令和1発目の更新いきます!

3部作(大袈裟w)の完結編です。

この記事からご覧になる方は、先ずは前回前々回の記事をご参照下さい。

仕事がデキる人を

  • 要領がいい
  • 頭の回転が早い

みたいに表現する人がいますが、あまり好きじゃないんですよね。

何故なら、トレーニング次第である程度は何とかなるからです。

  • デキる人=天性

と解釈する人は

自分なんて…

と諦めてしまいがちです。

そうでもないよ~

という事をお伝えしたく、3回に分けて書いてきました。

『仕事がデキるようになるトレーニング方法』なんて書くと胡散臭い情報商材みたいですがw

超絶シンプルです。

ルールはたった1つ。

 

  • 常に効率を意識する

 

これだけ守れれば、ぶっちゃけやる事は何でもいいです。

分かりやすい例えで説明していきます。

sponsored link

①、リミットを設ける

何かに取り組む際は、気合い入れないと終わらないくらいのリミットを設けて下さい。

30分以内に掃除、洗濯、洗い物、ゴミ出し全部終わらせるとか。

無茶な設定でも構いません。

1時間で本1冊読むとか。

何回失敗しても構いません。

失敗したらその理由を考えて、何度もチャレンジして下さい。

簡単にクリアできるレベルでは意味ありません。

②、歩数を最小限にする

朝の通勤ラッシュで駅が混雑しています。

駅構内に入ってから電車に乗るまでの、最短ルートを考えて下さい。

どの改札を通って、どの階段の、どの辺を登るべきか?

最短ルートが混雑していたら、即座に頭を切り換えて別のルートを考えて下さい。

混雑にハマッたり、思考停止してはいけません。

週に5日はチャレンジできます。

③、ついでを探す

寝室から冷蔵庫までペットボトルの水を取りに行くとします。

その動線の中で、ついでに出来ることを探して下さい。

昨日使った食器を洗ったり、洗濯機を回したり、トイレに行ったり等、何でもいいので、できるだけ多く探して実行して下さい。

④、深追いしない

学生時代のテストを思い出して下さい。

【50問】で制限時間60分。

【問1】から難問にぶち当たったら、躊躇わずスルーして次の問題へいって下さい。

そして、解ける問題から解いていき、時間に余裕を持たせて【問50】まで辿り着いて下さい。

その後スルーした問題に取り組み、落ち着いて考えても解らなかったら、諦めて下さい。

足止め喰らうと【問15】の時点で制限時間終了みたいなオチになります。

⑤、①~④を同時進行

物事に取り組む際は

①、リミットを決め

②、最小限の動線で

③、複数のことを同時にこなす。

イレギュラーに遭遇した場合は

④、深追いせず一旦スルーして、別のことに取り組む。

これをひたすら繰り返していけば、最小限の時間と動線で最大限の結果が出せるようになります。

筋トレと同じで習慣になるまでは結構大変ですが、慣れると自然に出来るようになります。

①~④は説明を解りやすくするためのシンプルな例えなので『常に効率を意識する』を実践していれば何でも構いません。

皆様のライフスタイルに合わせて試してみて下さい。

デキないのは私自信

偉そうなこと書いてますか、何を隠そうデキないのは私自身。

今回の3つの記事は自分に対する自虐であり、盛大なダメ出しです。

私は、子供の頃から面倒くさがり屋で、よく何も考えず無計画にボーッとしていました。

そんな有り様なので、夏休みの宿題は前日に半泣きでテンパり、好きなだけ食べて太り、繊細で自意識過剰で、よく自己嫌悪に陥ってました。

今は当時より少しはマシになりましたが、元々ポテンシャルが高くないので、今でも日々トライ&エラーを繰り返しです。

大学時代、親父の運転する車の助手席にボーッと乗っていた時

お前、ただボーッと乗ってるだけじゃなくて、何でもいいから見たり考えたりしろ。電柱見てみろ、住所書いてあるだろ?それを見て今の居場所把握したり、店を目印に道覚えたり、混んでたら裏道探したり、何でもいいから考える癖付けろ。そうしないと、社会に出て苦労するぞ。

と言われました。

その時は

(うるせーなぁ…)

と思ってましたが、案の定社会人2年間はアホ程苦労&挫折をしました。

頭を使える介護士になろう

介護職って、実はかなり頭を使います。

常にフル回転させていないと、利用者、フロア状況、リスク把握が出来ません。

センサーコールが鳴り響く中、瞬時に優先順位を考えてダッシュしたり、時間に終われながらオムツ交換をしている最中に、利用者の不調や皮下出血などに気付いたり、それらをしながらフロア新人の動きをチェックしたり、全体の動きの問題点を抽出して会議の議題を考えたり…

仕事後は、身体より頭が疲れていることが多いです。

介護職に限った話ではありませんが、仕事は最小限の時間と動線で最大限の結果を出せるよう、常に効率を意識して動くことが大事です。

それが出来ないと、心身ともに圧迫されます。

自分を守るためにも、日頃から頭を使うトレーニングをしましょう。

まとめ

『料理上手な人は仕事がデキる』

って聞いたことありませんか?

冷蔵庫にあるものだけで、短時間で同時に数品を調理し、食卓に並ぶ頃には使った調理器具は全て片付いている。

魚焦がしたり、シンクに洗い物山積みとかありません。

こういう人を見て

この人は天才だからデキるんだ!!

って思いますか?

これが最初からデキたとしたら、天才かも知れませんが、そんな人はこの世に存在しないでしょう。

何度も何度も繰り返していくうちに、デキるようになるのです。

ただ、何年経ってもデキない人もいます。

日常生活の中で何でも構わないので、何かに取り組む際は

①、リミットを決めて

②、最小限の動線で

③、複数の事を同時にこなす

そして…

④、深追いはしない

慣れるまでは苦労するかも知れませんが、繰り返していれば習慣になります。

常に効率を意識して

頭を使いましょう。

私も油断するとすぐに

 

( ゚д゚)ボーッ

 

としてしまうので

チコちゃんに

 

ボーッと生きてんじゃねーよ!

 

と言われないように気を付けていきたいと思います。

以上、長々とお付き合い頂き有難う御座いました。

ポチッと↓↓
にほんブログ村 介護ブログへ

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護『超』持論

介護現場を考える

介護現場の日常

介護職の豆知識

介護職の健康管理

介護職とお金の話

BBのひとり言

自己紹介

その他

オススメ記事



BB のリアル介護

介護士BB

介護士BB

 現場歴15年目の介護士です。『BBのリアル介護』では、綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。 [詳細]



sponsored link