BB のリアル介護

介護歴15年目の介護士です。綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。

子持ちの女性職員を蔑ろにする環境に未来はない

time 2019/08/22

子持ちの女性職員を蔑ろにする環境に未来はない

介護士BB (@kaigo_bb) です。

子持ちの女性職員を冷遇することが、どれだけ愚かなのか説明します。

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

どこの介護現場にも、子持ちの女性職員がいると思います。

子供が小さい頃は、子供の体調次第で休みがちになるタイミングが必ずあります。

出勤して勤務に入るも、30分後に保育園から電話があって…とか。

インフルエンザなどの感染症シーズンは、子供切欠で感染して…とか。

人手不足の介護現場にとって、欠勤や早退はハッキリ言って痛いです。

フロアのリスクも、他の職員負担も増えます。

少人数で回してる施設にとっては、1人の欠勤は致命的です。

そんな状況なので、子持ちの女性職員を冷遇したり、そういう職員が肩身が狭い思いをしている施設もあるようです。

知人が以前勤めていた施設がそうでした。

知人は妊娠したことを上司に報告したら

えっ、来月からのシフトどうするの?迷惑なんだけど。

『おめでとう』の一言も何もなく、そう返されたそうです。

妊娠を報告した後から、同僚の態度も明らかに冷たくなったそうです。

最近、誰かさんのせいで勤務片寄ってしんどいわぁ

わざと知人の耳に入るようなトーンで嫌味を言われたことも何度もあったそうです。

知人は病んでしまい、その施設を辞めました。

正しい判断だと思います。

知人は今、派遣として無理のないペースで働いています。

派遣先の施設は子供に理解があり、今はストレスなく仕事ができていると話していました。

ここまでで全て書ききってしまった感がありますが、子持ちの女性職員を大切にしない環境は…

 

確実に崩壊します。

 

その理由を説明します。

sponsored link

休むほうも気が重い

うちのフロアには、常勤、非常勤、派遣含め、小さな子持ちの職員が多くいます。

子供の体調不良で早退・欠勤する時は、物凄い申し訳なさそうな感じで報告にきます。

当人たちも現場か大変なのを重々理解しているので、欠勤連絡の電話の際は

今日、ただでさえ人少なくて大変なのに…本当、すみません。。

電話越しで申し訳なさそうな気持ちが伝わってきます。

私は電話を切る前に必ず

気にしなくていいよ~何とかなるから。お大事に♪

と伝えてます。

正直、内心では

(マジかよ…今日大変だな…)

と思ってしまう時はありますが、仕方のない事なので、後のことは現場で何とかすればいいんですよ。

マジ?明日は来れんの?

的なリアクションをするのだけは

 

絶対にダメ!!

 

職場や同僚の負担を思って申し訳なさそうにしてる人を蔑ろにするなんて、人として間違ってます。

中には、自分が子育てをしてる時回りにフォローされた過去があるのに、他人には厳しいという厄介な上司もいます。

本当、そういう人の部下は不幸ですよね。。

SNSとか見てると、結構いるみたいですね…

次は、デメリットばかり並べて子持ちの女性職員を毛嫌いする人に対して

 

それ、完全に的外れだよ!

 

という話をします。

母はハイパフォーマー

私の見てきた限りの話ですが、女性は子供ができると逞しくなります。

産休から復帰後は、以前よりもバリバリ働くようになります。

守るものが出来たからか、以前よりも責任感が強くなっているように感じます。

しばらく夜勤に入れないなど勤務の制限はありますが、子持ちの女性職員は非常に“頼もしい存在”です。

うちのフロアでは、子持ちの女性職員が1番イキイキと仕事をしています。

常勤職員は月の半分は夜勤に入るので、日勤帯は彼女たちがフロアを守ってくれています。

彼女たちは、仕事後には家事育児が控えているので、定時キッカリに上がって1分1秒でも速く職場を出たいのです。

そのため、見ていると非常に効率的で無駄のない動きをします。

たまに見ていて感心してしまいます。

彼女たちの動きや意見を参考にして、業務の見直しに繋げることも多くあります。

未来の貴重な戦力になる

妊婦さんや子持ちの女性職員は、言うまでもなく“若い”です。

若い上に働く理由もある、そんな職員を大切にしない理由あります?

彼女たちは、自分の都合を受け入れてくれる職場を求めています。

ハイパフォーマーで長年勤めてくれる若い職員って、どの職場でも渇望してる“人財”ですよね?

そんな人たちを

  • 休みがちだから
  • すぐ早退するから
  • 夜勤に入れないから

などの理由だけで冷遇するって、愚かすぎませんか?

私の考え合ってますよね?

子供が大きくなってくれば、普通にフルシフトに入れます。

そして、見てきた限り子持ちの女性職員の離職率は低いです。

未来の貴重な戦力を大切にしない理由あります?

あったら教えて下さい。

勿論、人による

コレも一応書いておきますね。

うちのフロアは幸い彼女たちの“人格”に恵まれていますが、中にはそうでない人もいます。

子供がいるから休むのが仕方ないと思い込んでいて、何かとすぐ休んだり、それについて悪いと全く思っていないみたいな。

邪推は良くありませんが

コイツ、サボりじゃね?

と疑いたくなるような事もあったりします。

そういう人には、ちゃんと話をして、必要な時はきちんと注意すべきです。

そうでないと、回りから不満が上がります。

ただ贔屓にするのではなく、飽くまで他職員と平等に見ることが大事です。

最後に

子持ちの職員は、子供の体調不良などで早退・欠勤することは多々ありますが、それは仕方のない事。

早退、欠勤、勤務の制限など、一時的なデメリットだけで冷遇するのは、あまりにも短絡的過ぎます。

彼女たちは若く、そしてハイパフォーマーです。

大切にすれは貴重な“人財”になります。

 

子持ちの女性職業を蔑ろにする環境に未来はありません。

 

もし、今いる環境かそうであるなら、考え直すいい機会かも知れません。

残業がほとんどないホワイト企業への転職は【しろくま介護ナビ】

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護『超』持論

介護現場を考える

介護現場の日常

介護職の豆知識

介護職の健康管理

介護職とお金の話

BBのひとり言

自己紹介

その他

オススメ記事



BB のリアル介護

介護士BB

介護士BB

 現場歴15年目の介護士です。『BBのリアル介護』では、綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。 [詳細]



sponsored link