BB のリアル介護

介護歴15年目の介護士です。綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。

介護職必見!!今日から誰にでもできる『ストレス対策』教えます。

time 2019/09/16

介護職必見!!今日から誰にでもできる『ストレス対策』教えます。

介護士BB (@kaigo_bb) です。

皆さん『ストレス対策』してますか?

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

介護現場はストレス要素満載です。

  • 人間関係
  • 人手不足
  • 過労

様々なストレス要素が加わり

  • 暴飲暴食
  • アルコール

からの

  • 体調不良
  • 睡眠不足

といった負のスパイラルに陥ります。

最悪は無限ループとなり、どんどん悪化していきます。

今回は、ストレスを抱えてから体調不良に陥るまでの王道パターンと、その対策について書いていきます。

sponsored link

食生活が乱れる

人間、ストレスが溜まると身体に悪いものが食べたくなります。

  • ファーストフード
  • コッテリした物
  • スナック菓子
  • 甘いもの

このへんが王道ですね。

ストレス発散に好きなもの食べてリフレッシュ!

精神衛生的には間違いではないですが、残念ながら効果は一瞬です。

翌日以降、いや、食べた直後から確実に身体が怠くなります。

イライラしたり憂鬱な気分になる原因は

 

十中八九【食べ物】です。

 

食生活が乱れれば、当然ストレスは増大していきます。

アルコールに頼る

私もよく飲酒してるので偉そうに言えませんが、ストレスが溜まると

酒飲んでパーっと!

ってなります。

アルコールは種類にもよりますが、適量ならそんなに身体に悪くありません。

ただ確実に言えるのが

 

睡眠の質が落ちます。

 

ストレスや悩みを抱えてて眠れない時、アルコールを摂取するとコロッと眠れることがあります。

ただ、実はココに落とし穴があります。

人間は眠っている時

  • 浅い眠り
  • 深い眠り

をくり返します。

アルコールを摂取すると

 

この周期が乱れます。

 

アルコールを摂取して寝ると先ずは

深い眠り”に入ります。

飲んでウトウトしてコロッと寝てしまう時ってありますよね?

ソレです。

私もよくソファーで寝落ちしてます。

そして、少ししたら目が覚めて、そこから眠れなくなったりします。

朝まで眠れたとしても、何か怠くて疲れが抜けてない時ってありますよね?

これは、深い眠りの後に“浅い眠り”がずーっと続くからです。

通常周期である

  • 浅 → 深 → 浅 → 深…

から

  • 深 → 浅 → 浅 …

になり、それなりの時間眠れたとしても、疲労が抜けないのです。

最悪の組み合わせ

ストレス社会を生きるサラリーマンがやりがちで、最も危険なパターンは

ストレス発散でパーっと飲み食いして、〆ラーメンから終電帰宅してバタンキュー

もはや説明不要ですね。

“ミイラ取りがミイラ”

とは正にこの事です。

これが生き甲斐という人もいるので全否定はしませんが、回数を減らすことをお勧めします。

さて、次はこれらの攻撃から心身を守る“誰にでもできる体調管理”について。

①、食事編

2桁の健康関連著書を読んで確信したこと。

人間は【納豆】と【野菜】食べてりゃ健康になれる。

ベースとなる食生活は変えなくても良いので毎日

  • 納豆1パック
  • 何かしらの野菜

を食べる習慣をつければ、少なくとも今よりは確実に体調良くなります。

人によっては痩せたり、苛々や憂鬱な気分が軽減されます。

あと、可能なら食べる量を腹七分目にしてみて下さい。

②、睡眠編

これも簡単です。

 

寝る2時間前は何も食べないで下さい。

 

アルコールの場合は3時間前くらいかな?

良質な睡眠をとるためには睡眠に全エネルギーを注げる状態をつくることが重要。

寝る直前に食べてしまうと、身体が食べ物を消化することにエネルギーを使ってしまうので、睡眠の質が落ちます。

2つの仕事を同時進行するより、1つの仕事に集中したほうが高いパフォーマンス発揮できますよね?

それと同じです。

寝る2時間前は、水以外のものは胃に入れないのがベストです。

 

飲み食い → 〆ラーメン → 即寝

 

がいかに危険か解りましたか?

まとめ

健康関連の情報は果てしなくある上に、突き詰めると大変でマニアックな説明になってしまいます。

そのため、今回はシンプルかつ明日から簡単にできる事を書いてみました。

当然、私の身体で実験済みです。

 

①、納豆&野菜を毎日たべる

②、寝る2時間前は食べない

 

是非とも試して下さい。

残念ながら、そう簡単にストレスは排除できません。

ただ、本能の赴くままに行動していると、毎日数ミリずつ浸かっていき、気付いたら首まで泥沼に浸かっていて脱出不可能…

 

脅しじゃありませんからね?

 

出来ることからコツコツと。

これが、何事においても一番効果的です。

『病は気から』と言われてますが

 

『体調不良は行動から』です。

 

介護士の皆様のストレスが少しでも軽減される事を祈っています。


介護求人情報

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護『超』持論

介護現場を考える

介護現場の日常

介護職の豆知識

介護職の健康管理

介護職とお金の話

BBのひとり言

自己紹介

その他

オススメ記事



BB のリアル介護

介護士BB

介護士BB

 現場歴15年目の介護士です。『BBのリアル介護』では、綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。 [詳細]



sponsored link