BBのリアル介護

介護士BBです。綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。

トロミを付ける理由をどこよりも簡単に説明します

time 2019/11/13

トロミを付ける理由をどこよりも簡単に説明します

介護士BB (@kaigo_bb) です。

たまには介護職っぽいこと書きます。

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

先日ザブングルさんの記事でも触れましたが、介護職の方なら“トロミ剤”を知らない人はいない筈です。

トロミ剤”とは、食事や水分にトロミを付ける粉で、様々なメーカーから市販されています。

高齢者の食事や水分に入れて嚥下(えんげ)を助けるものです。

例えるなら、常温で使える“片栗粉”のようなものです。

 

Q:トロミって何でつけるの?

 

こう聞くと多くの人が

飲み込みやすくするため

誤嚥(ごえん)を防ぐため

と答えます。

そこで更に

 

Q:何で飲み込みやすくなるの?

 

と聞くと答えられない人が結構います。

今回は“トロミを付ける理由”について解説していきます。

新人教育とかで役立つと思います。

sponsored link

なぜ誤嚥(ごえん)するのか?

誤嚥(ごえん)”とは、誤って気管内に食べ物が入ってしまうことです。

友達と談笑しながら食事してる時に不意に変なところに食べ物が入って

ゲホッゲホッ!

ってなる事ありますよね?

あれです。

人間の喉は普段呼吸するために使っているので、空気の入口である“咽頭(いんとう)”が開いています。

食べる時は咽頭を閉じて、そこから食べ物が入るのを防ぎます。

高齢になるとその機能が衰え、食べ物が入ってきた時に咽頭を閉めるのが間に合わず気管に入ってしまい

ゲホッゲホッ!

となるわけです。

今から超絶シンプルに解説します。

ゲリラ豪雨がきました

アナタは35歳です。

天気が良かったので、2階にある寝室の窓を全開にして1階のリビングでマッタリしていました。

そこにゲリラ豪雨がやってきました。

寝室は窓全開なので、アナタはダッシュで2階に駆け上がって窓を閉める筈です。

50年後。

アナタは85歳です。

同じシチュエーションです。

ゲリラ豪雨が来たのを知っても、杖歩行のアナタはダッシュで行けないので、2階の寝室は水浸しになってしまいました。

35歳と85歳では身体機能の差があるので、同じシチュエーションでも対応の差がでてしまいます。

トロミは“時間稼ぎ”

食べ物の中で1番スピーディーに落ちてくるのは言うまでもなく

  • 水分

口内に水分が入ってきた時に

咽頭閉めろー!!

と指令が飛びます。

若い頃なら

アイアイサー!!

即対応できますが高齢になると

間に合わんから時間稼いで!!

となります。

トロミは、食べ物が口内に入ってきてから咽頭を閉めるまでの“時間稼ぎ”をしてくれるのです。

沢山入れれば飲み込みやすくなるというのは大間違い!!

ここまでお読み頂ければお解りかと思いますがトロミ剤は

入れれば入れる程飲み込みやすくなる物ではありません。

ココ勘違いすると危険です。

人それぞれ嚥下能力が違うので、その人に合ったレベルのトロミを付けないとハッキリ言って

 

逆効果です。

 

嘘だと思う人はオレンジジュースに“みたらし団子のタレ”くらいトロミを付けて飲んでみて下さい。

下手すると窒息しますから。

まとめ

トロミを付ける理由は、ゲリラ豪雨に待ってもらうためです。

 

(※違うだろ)

 

嚥下障害のある方の食事介助をする際は、呼吸状態とトロミの強弱に注意する必要があります。

今回はトロミを付ける理由についてシンプルに書いてみました。

介護に関わる人のお役に立てれば幸いです。

ではでは。

sponsored link

コメント

  • 凄く分かりやすかったので、新人に聞かれたらこの内容をどや顔で話します!

    by JP €2019年11月14日 13:21

  • めっちゃ、わかりやすかったです!

    by きよちゃん €2019年11月14日 21:56

down

コメントする




CAPTCHA


介護ブログ紹介

オススメ記事



BB のリアル介護

介護士BB

介護士BB

 現場歴15年目の介護士です。『BBのリアル介護』では、綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。 [詳細]



sponsored link