BB のリアル介護

介護歴15年目の介護士です。綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。

介護現場のリーダーが絶対にやるべき事

time 2019/12/26

介護現場のリーダーが絶対にやるべき事

介護士BB (@kaigo_bb) です。

介護現場のリーダー必見!!

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

介護現場には、名称違えど【リーダー】という役割が存在します。

バリバリ現場に入るリーダー、現場に入らず事務所でPCとにらめっこなリーダー、環境によって役割は様々です。

今回はそんな中で最も多いと思われる

  • プレイングリーダー

が絶対にすべき事について。

野球で例えるなら

  • 選手兼監督

居酒屋で例えるなら

  • 店長

現場でバリバリ仕事をする傍ら、勤務表作成などの管理業務もこなす超絶忙しいリーダーがすべき事について【行動】にフォーカスして書きました。

それではいってみましょう。

sponsored link

誰よりも動く

リーダーは忙しいです。

回りにフォローして貰いたい!!

と思うのが人間心理です。

先ずはこの考えを

 

 

完全に捨てましょう。

 

 

ナースコールやセンサーが鳴ったら

誰よりも速く対応しましょう。

自分、行きます!!

と言ってくれる部下がいても

いいよ、俺行くから!!

と制すくらいの勢いで動きましょう。

あまり動きすぎると部下が仕事しずらくなるので、程度を弁えた上で率先して動きましょう。

大変な仕事を率先してやる

部下と同じタイミングでオムツ交換に入ったら、2人の利用者のうち1人は便汚染していて衣類からシーツから全部交換しなくてはいけません。

この時

山田くん、スキルアップのために君が入りたまえ

と部下に大変なほうを押し付けず

俺入るよ!!

新人教育中などの場合は別ですが、そうでなければ大変なほうに入って下さい。

そこで

自分入ります!!

と言ってくれる部下がいたら

俺が!!

いや自分が!!

いや俺が!!

ど~ぞど~ぞ

なんて押し問答をしていても時間が勿体ないので、お願いしても大丈夫です。

ただ後で必ず

ありがとう!!

しっかりお礼を伝えましょう。

自分の仕事が終わった後でヘルプに入りましょう。

ダメなリーダーの典型は?

ダメなリーダーは基本的に

 

動きません。

 

何かと理由つけて事務所に引き籠ります。

2つ仕事があったら大変なほうを部下に押しつけ、自分は楽なほうをササッと済ませて事務所に引き籠ります。

最初に勤めた特養の副主任が典型で

銅像か!!

ってツッコみたくなるくらい事務所の椅子から動きませんでした。

見かねた先輩が抗議しても

いや、俺だって色々仕事があるんだよ。解ってもらいたいなぁ~

と濁すばかり。

当然、全職員から嫌われてました。

当日新人だった私は

これも勉強だから。

と便汚染のオムツ交換みたいな仕事ばかり振られて

何なんだコイツ!!

と毎日のようにイライラしました。

結果的にそのお陰でだいぶスキルアップしたので、今は反面教師の鏡としてリスペクトしていますが、ある日本気でイラッとして事務所のテーブルを“バーン!”って叩いて

仕事してくださいよ。

って竹内力バリの声でキレたことは、若気の至りとして反省しています。

他職員には関係ない

リーダーが人より仕事抱えて大変だろうが、部下には一切関係ありません。

誰もリーダーの苦労を解ってくれない!!

と嘆いてるリーダーがたまにいますが、そんなのはリーダーを引き受けた時点で真っ先に諦めるべき事。

他職員に出来ない仕事をするのがリーダーであって、それを理解して貰おうなんて発想が間違ってます。

忙しかろうが何だろうが

 

先ずは動く。

 

そうしているうちに、良い職員はフォローしてくれるようになります。

信頼関係ができたら多少甘えてもOK

率先して動いていると、良い職員はフォローしてくれるようになります。

そんな時は甘えてもOKです。

ただ、フォローして貰った後は必ず

ありがとう!!

とハッキリ感謝を伝えましょう。

そして、別の場面でフォローしましょう。

俺は忙しいんだから、フォローされて当然なんだ!!

なんて思っては絶対にダメ。

人間にはポテンシャルの差があります。

気が利く職員もいれば、そうでない職員もいます。

気の利かない職員に

(コイツは何て気が利かない奴なんだ!!)

とイラッとするのは仕方ないですが、それを言葉や行動で表すのは絶対にダメです。

言われたほうは理不尽やパワハラに感じるだけで、何のプラスも生まれません。

実際にやると結構大変

文字に落とすのは簡単ですが、実際にやるのはメッチャ大変です。

だってリーダーは…

 

超絶忙しいから。

 

日々、自分のことで精一杯です。

そんな中で率先して回りのフォローするって、並大抵の精神力ではできません。

自己犠牲を繰り返した結果ダウンしたり、開き直って回りに仕事振りまくって総スカン喰らったり…

 

バランスが非常に難しい。

 

自分を理解した上で合ったタイプのリーダー像を見極めたり、それが無理なら辞退するなど、的確な判断が重要です。

潰れたらアウトですからね。

最後に

ここまで書いてきて今更ですが、私は成功者ではありません。

皆さんに偉そうに

リーダーとはこう在るべきだ!!

と言える立場ではありません。

日々現場で壁にぶち当たり、失敗を繰り返し、毎日反省して、毎日凹んでます。

奔走する中で、尊敬する上司の立ち振舞いや、それを取り入れて

こうすればいいんだ!!

と実感して試して手応えがあった事だけ書いてみました。

自戒の意味も込めて。

少しでも介護現場の皆さんの参考になれたら幸いです。

ではでは。


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

介護『超』持論

介護現場を考える

介護現場の日常

介護職の豆知識

介護職の健康管理

介護職とお金の話

BBのひとり言

自己紹介

その他

オススメ記事



BB のリアル介護

介護士BB

介護士BB

 現場歴15年目の介護士です。『BBのリアル介護』では、綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。 [詳細]



sponsored link