介護士Kのブログ Written by 介護士K

頑張るのをやめましょう

持論

介護士K (@kaigo_kk) です。

介護職の皆さん、頑張っていませんか?

今すぐに頑張るのをやめましょう。

言い換えます。

 

無理して頑張るのをやめて下さい。

 

真面目で仕事ができて、将来有望と思っていた職員が、ある日突然潰れてしまう…

何度か目の当たりにしてきました。

真面目で能力の高い人ほどストレスに弱い傾向があります。

介護現場には様々なストレスがあります。

潰れてしまっては仕事どころか、人生そのものに影響します。

所詮は仕事。

無理は禁物です。

今回は、頑張り過ぎてしまう介護職員の特徴と、そうならない為にはどうしたら良いかについて書きます。

頑張り過ぎてしまう介護職員の特徴とは?

様々なタイプがいますが大きく括ると

  • 真面目で不器用
  • 自分を甘やかせない

人間には浮き沈みがあります。

疲労、ストレス、想定外の出来事…

何もなければ安定したパフォーマンスを発揮できるのに、様々なストレスに晒されることで、それが出来なくなってしまう…

誰にでもあることです。

そんな時に自分を責めてしまうタイプが多いように感じます。

そして、そんなタイプの介護職員にもう1つ当てはまる特徴が…

自分に期待してしまう

これは決して悪いことではありませんが、時と場合によっては諸刃の剣です。

通常の60%しか力が発揮できなかった時に

自分はもっとできる筈だ!!

こんなことでは駄目だ!!

…と自分を鼓舞したり責めてしまう。

更に宜しくないのは

あの人に比べて私は…

…と他人と比べてしまう。

こうなると立ち直るのは至難の技。

真面目で責任感が強いというのは素晴らしい事ですが、潰れてしまっては元も子もありません。

なので速やかに…

頑張るのをやめましょう

疲労、ストレス、想定外の出来事に晒され前向きになれない時は速やかに

頑張るのを止めましょう。

最低限の仕事だけをして帰りましょう。

付き合いの飲み会なども、適当な理由をつけて断りましょう。

そして、回復を待ちましょう。

心身ともに余裕のない時に無理やり奮起しようとするのは、小学生にベンチプレス100キロ持ち上げろというようなものです。

確実に大怪我をします。

半年~数年くらい前向きになれなかったとしても、長い人生においては大した問題ではありません。

先ずは回復を待ちましょう。

そしてもう1つ大切なのが…

自分に期待するのをやめましょう

多くの人が無意識のうちに自分に期待してしまっている。

思うようなパフォーマンスが発揮できないと

自分はダメだ…

と落ち込んだり自信喪失してしまう。

私の感覚ですが、真面目で不器用な人ほどプライドが高く

100点中、最低でも80点採らなきゃ!!

という感覚でいる。

私も以前は無駄にプライドが高く、無駄によく凹んでいました。

最近では自分に全く期待していないので、以前ほど細かいことに動じなくなりました。

 

自分は46点くらいなもん。

 

これくらいに考えていると、結構気楽になれたりします。

まとめ

このブログでは何度となく書いていますが、人生で1番やってはいけない事は

自分を苦しめることです。

潰れてしまっては人生の全ての時間が止まってしまいます。

ヤバいと思ったら即座に

省エネモード

に切り換えて、最低限のことだけをして、じっくり回復を待ちましょう。

焦って足掻いたり、鼓舞してはいけません。

海に放り出された時、焦って手足をバタバタしてしまうと溺れます。

プカーって浮かんで体力を温存して助けを待つのがベストです。

所詮は仕事。

人生の優先順位は、冷静に見極めるべきですよね?

介護職の皆さんが身心ともに健全であることを願っています。

Secured By miniOrange