BBのリアル介護

介護士BBです。綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。

介護職は誰にでもできる?

time 2020/04/26

介護職は誰にでもできる?

介護士BB (@kaigo_bb) です。

介護職は誰にでもできる?

↓↓ポチっと

にほんブログ村 介護ブログへ

SNSとかでたまに

介護職は誰にでもできるw

みたいな事を言う人いますよね?

人手不足で比較的面接もすんなり通るので【就職する】がゴールなら、誰にでもできるのかも知れません。

ただ断言しておくと介護職は

 

バカにはできません。

 

介護職は肉体労働と思われがちですが、実はけっこう頭を使います。

介護職に必要なスキルは

 

効率を意識してリスクを減らす。

 

今回は、利用者対応における効率とリスクについて、具体例を交えて書きました。

sponsored link

介護現場によくある風景

介護現場では、複数人の対応を同時に行うことが殆です。

食堂に3名の入居者がいたとします。

  • Aさんをベッドに寝かせる
  • Bさんをトイレへ座らせる
  • Cさんを部屋まで案内する

3名とも転倒リスクが高いです。

アナタは

  1. Aさんをベッドに寝かせる
  2. Bさんをトイレへ座らせる
  3. Cさんを部屋まで案内する

という順番で対応したとします。

Aさんをベッドに寝かせ、Bさんをトイレへ座らせてました。

Cさんを部屋まで案内している途中、Bさんがトイレからコール。

Cさんは1人だと転んでしまうので置き去りにはできませんが、Bさんはあまり待たせるとトイレから立ち上がろうとして転びます。

アタフタしていると、更にAさんのベッドからセンサー反応。

Aさんは、センサーが鳴ったらダッシュで向かわないと、ベッドから転落します。

Cさんを置き去りにできないし、Bさんをトイレで待たせると転ぶし、Aさんはダッシュで行かないと転落するし…どうしよう!!

最悪の場合

 

全員転倒です。

 

仮に全員無事でも、アナタは無駄にバタバタ動き回ることになり、時間もかかるし、労力もかかります。

これは良い対応とは言えません。

入居者の行動を把握する

上の例で踏まえておくべき点は

  • Aさんはセンサーが鳴ってからどれくらいでベッドから落ちるか?
  • Bさんのトイレは何分くらいで終わるか?
  • Cさんの部屋まで何十秒くらいか?

私なら、まずCさんを部屋まで案内します。

次にBさんをトイレへ座らせます。

そして、Bさんのトイレ所要時間を踏まえた上で、Aさんをベッドへ寝かせます。

Bさんのトイレが予想より早く終わった場合は、一旦Aさんを食堂までUターンして、Bさんのトイレ介助をした後、Aさんをベッドに寝かせます。

こうすることで、リスクを減らすことができ、効率化にも繋がります。

これは私がサクッと考えた例です。

実際の介護現場はもっと複雑で、リスクの種類も多く、想定外の事も起こります。

そのために常に意識すべき事は

 

効率を意識してリスクを減らす。

 

これが出来ないと、いつまで経ってもコールやセンサーに振り回されて、ヒヤヒヤしながらバタバタ動き回ることになります。

介護職はけっこう頭を使う

このように介護職はけっこう

 

頭を使います。

 

肉体労働みたいに解釈されがちですが、どんなに体力があっても、効率とリスクを考えて動けない人には出来ません。

静かに流れる日もあれば、コールに振り回されてバタバタ走り回る日もあります。

その日の状況や出勤人数など様々な要素はありますが、職員のスキルによるところが大きいです。

どんな仕事も一緒だ!!

その通りです。

どんな仕事も頭を使うのです。

まとめ

今回は、具体例をもとに介護職に必要なスキルについて書きました。

介護職は誰にでもできると言う人がいますが、介護職はけっこう

 

頭を使います。

 

頭を使って動けないと、事故が多発するのが介護現場です。

介護職に必要なスキルは

 

効率を意識してリスクを減らす。

 

介護職全員がこれが出来るとは限りません。

介護職なんて誰にでも出来るw

とか言ってるそこのアナタ

断言します。

介護職は

 

バカにはできません。

 

介護職の皆さん、こんな発信に反応するのはやめましょう。

そんな事を言う人は、何も知らないんですから。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


介護ブログ紹介

オススメ記事



BB のリアル介護

介護士BB

介護士BB

 現場歴15年目の介護士です。『BBのリアル介護』では、綺麗事ではなく現場目線の【リアル】をズバッと発信しています。 [詳細]



sponsored link