介護士が『働きやすくなる』ブログ

介護士が転職をする際、見落とすと【ヤバい】ポイントとは?

time 2020/11/21

介護士が転職をする際、見落とすと【ヤバい】ポイントとは?

介護士K (@kaigo_kk) です。

転職時にココ見落とすと本気(マジ)でヤバいです!!

介護職経験が少ない方は、特に必見です。

転職が当たり前の時代になりました。

介護職の皆さんも、転職をする機会があると思います。

  • 人間関係を変えたい
  • 収入を上げたい

理由は人それぞれあると思います。

今回は、転職をする際に見落とすと【ヤバい】ポイントについて。

1つだけです。

介護職経験の少ない方は、絶対に読んで下さい。

転職時に見落とすと【ヤバい】ポイント

結論からいきます。

 

自分の【ペース】に合うかどうか

 

介護施設には職場によって【ペース】があります。

簡単に例えると

  • 慌ただしい現場
  • ゆったりとした現場

みたいな。

特養、老健、有料、デイサービス…

様々な業態があり、業態によって仕事内容や【ペース】が全然違います。

同じ業態でも、施設によって全然【ペース】が違います。

私の職場は“老健”です。

以前、他の老健からうちの施設に転職してきた人がいました。

入社前は

老健の経験はありますので

と自信満々でしたが、1ヶ月経った頃

こんなに大変だとは思いませんでした…

結局、うちの職場の【ペース】に合わず、3ヶ月で辞めてしまいました。

介護現場では、こんな事が結構あります。

自分の【ペース】を把握すべし

人それぞれ自分に合った【ペース】があり、これを正確に把握していないと確実に失敗します。

例えば、面接の時に

うちの施設は1時間に20人オムツ交換をします。結構大変ですけど、大丈夫ですか?

と聞かれたとします。

アナタならどう返事しますか?

(それくらいなら余裕♪)

と思う人もいれば

(いや…絶対無理!!)

と思う人もいるでしょう。

前職がデイサービスで、オムツ交換経験が殆どない人が、1時間に20人オムツ交換をする病院に転職したら、相当キツい筈です。腰やられます。

逆に、病院で1時間20人オムツ交換をしていた人がデイサービスに転職したら、レクリエーションに苦戦するでしょう。

介護施設という括りは同じでも、中身も、求められるスキルも全然違います。

自分が

  • 何をしたいか
  • 何ができるか

を正確に把握していないと、確実に失敗します。

どうやって判断するの?

実際に働いてみないと、新しい職場の【ペース】が自分に合うか解りませんよね?

面接の感じからいけると思って、いざ働いてみたら…

(言ってた事と全然違うじゃん!!)

という事が起こります。

面接で話すだけで現場の雰囲気を理解するのは…

不可能です。

これを回避するために、面接の時に是非やって貰いたい事があります。

それは…

 

現場を見学させてもらう。

 

余裕のある時間に面接を行うことが多いので、難しいかも知れませんが、可能であれば…

 

バタバタしてる時間を見せてもらう。

 

これがベストです。

  • 職場の雰囲気
  • 職場のタイム感
  • 職員同士の関係性

穏やかな時間ではなく、慌ただしい時間に介護現場のカラーはハッキリ見えます。

  • 入浴介助
  • 食事介助
  • 排泄介助

嫌がられるかも知れませんが…

 

アナタの命を預ける場所です。

 

図々しくてもグイグイいきましょう。

こんな施設は要注意!!

もし、面接をした施設がこんな感じだったら要注意です。

現場を見せてくれない

面接で解る事なんてたかが知れてます。

事件は会議室ではなく現場で起こっているので、現場を見学させてくれない場合は高確率で事件多発しています。

面接の席に現場リーダークラスが居ない

施設長や事務の人間など、現場の人間が一切立ち会っていない場合は要注意てす。

現場の人間にしか現場のことは解りません。

こういう場合は、絶対に現場を見学させて貰いましょう。

面接官の態度が悪い

コレは論外です。

面接に来る人間に態度が悪い施設が、職員を大切にしている筈がありません。

こんな施設に限って求人広告に

和気藹々とした明るい職場🎵

とか書いてあったりします。

実際の現場を見ないと雰囲気は掴めないし、現場の【ペース】とアナタの【ペース】を照らし合わせて検討することは不可能です。

まとめ

転職に失敗しない為に大切なのは

 

自分の【ペース】を把握する。

 

42.195キロを2時間半で走れる人たちと並走するのは物理的に不可能です。

そして面接の時に

 

現場を見学させてもらう。

 

落ち着いた時間ではなく、バタバタした時間を見れたら理想的です。

自分の【ペース】が解っていても、実際の現場を見てみない事には、自分に合った環境かどうかは解りません。

  • 現場を見せてくれない
  • 面接官の態度が悪い

こんな施設は警戒しましょう。

転職理由は人それぞれです。

スタートから失敗しないためにも、ココをしっかり踏まえておきましょう。

アナタの介護職キャリアのお役に立てれば幸いです。

検討を祈ります!


down

コメントする




介護現場の『日常』

介護士が『働きやすくなる』ブログ

介護士K

介護士K

現場の介護士が『働きやすくなる』情報を発信中。


Secured By miniOrange