介護士Kのブログ Written by 介護士K

介護系転職サービスの「闇」に迫る【悪徳紹介会社の手口】

介護の仕事

介護士K (@kaigo_kk) です。

介護系転職サービスの『闇』に迫ります。

転職を考えているけど、「介護系転職サービス」業者が多すぎて、どこに登録したら良いか解らない…

登録してみたけど、やらたと営業電話が掛かってきたり、ブラックな職場ばかり紹介されたり、担当者が適当だったり…

たまに、こんな相談を受けます。

私は幾つかの「介護系転職サービス」に登録しているので、SNSなどで上がってくる声は何となく分かります。

介護現場の人事畑で活躍している仲間が結構多いので、「求人する側」のリアルな声をもとに介護系転職サービスの『闇』に迫ります。

ネットで拾った情報ではなく「ノンフィクション」です。

スポンサードサーチ

悪徳紹介会社の手口

「悪徳な紹介会社」の手口を、実例をもとに解説します。

①.勝手に求人広告を掲載する

紹介会社が、知人の施設の求人広告を勝手に作り「検索エンジン」に掲載する。

②.検索エンジンを見た求職者が応募する

求人広告を見た人が応募する。この時点で求職者は、知人の施設に直接応募したつもりが「紹介会社にエントリー」した事になる。

③.紹介会社が知人の施設に紹介する

紹介会社は、登録した求職者を知人の施設へ紹介する。採用が決まれば、紹介会社は高額な仲介手数料をゲット。

求職者は「知人の施設に直接応募したと思っている」ので、その事は一切知らない。

知人の施設は、直接雇用なら払わなくて良いコストを払う羽目になる。

採用した人材が定着せず、求人を出し続けている施設は、半永久的にお金をドブに棄てる事になる…

「検索エンジン」上位に表示されるのがこのような紹介会社である場合、求職者は知らずのうちに「金づる」になってしまう。

知人の施設は、このような不当な求人を削除するという、無駄な作業を余儀なくされてしまう…

このような紹介会社がいる限り、介護施設の経営は圧迫され続けてしまいます。

介護に限らず、看護師、薬剤師、プログラマー、システムエンジニア、バックオフィス要員などでも、よく使われている手法だそうです。

人材紹介サービス自体は「悪」ではない

紹介して手数料をもらうビジネスモデルなので、紹介会社自体は「悪」ではありません。

勝手に広告を掲載したり、嘘の情報を掲載したり、登録者を雑に扱う会社が「悪」なのです。

託児所があると記載されていたから応募したのに、実際は無かった。

担当者が希望を全く聞いてくれず、ブラックな施設ばかり紹介された。

担当者に連絡しても全く繋がらない。

求職者にも、求人者にも、被害をもたらす「悪徳な紹介会社」は存在します。

あの超有名な会社も!?

という名前もあり、ドン引きしました…

最後に

今回は、リアルな現場の「声」をもとに、介護系転職サービスの『闇』に迫ってみました。

介護士の皆さんが被害に遭わないように、今後このようなネタを見つけたらガンガン掲載していきます。

闇討ちされないように気を付けます。

Secured By miniOrange