介護士が『働きやすくなる』ブログ

入居者本位は「虐待」になる

time 2021/03/20

入居者本位は「虐待」になる



介護士K (@kaigo_kk) です。

入居者本位は時として『虐待』になる。

相手の「意思」を尊重するのは介護の基本ですが、時としてこの考えは「危険」です。

一歩間違えば『虐待』に繋がります。

今回は、介護現場のリアルな現状をもとに「入居者本位」についての考察です。

人間は「拒否」をする

  • 起床
  • 睡眠
  • 食事
  • 排泄
  • 入浴
  • レクリエーション

日常における様々な場面で「拒否」はつきものです。

起きましょう → NO

お食事ですよ → NO

トイレへ行きましょう → NO

お風呂へ入りましょう → NO

全てにおいて「拒否」をする入居者もいます。

「入居者本位」といって全て希望通りにしていたら…

  • 1日中寝ている
  • 丸1日何も食べない
  • 毎回尿便失禁で更衣
  • 1ヶ月入浴していない

という事になります。

考え方次第では「ネグレクト(放置・放任)」という立派な「虐待」です。

100%相手の意思を尊重するのが、良い介護とは言えません。

介護現場の「実例」

「入浴介助」の実例をご紹介します。

10名中8名が拒否

10名が入浴する予定の日がありました。

入浴担当は介護士Aさん

Aさんは「入居者本位」が信条。

この日、入浴担当のAさんは、かなり早い時間に入浴介助を終えてフロアに戻ってきました。

「早かったですね」と声をかけると…

今日は8名拒否だったから、すぐに終わったよ。

8名に「拒否」をされたので、2名だけ入浴介助をしたと。

ゆっくり入浴させてあげたい

別の日、Aさんは中々入浴介助から戻ってきませんでした。

何かトラブルがあったのかと、他の職員が様子を見に行くと、10名中3名しか入浴できておらず、残りの6名はまだ脱衣所にすら居ませんでした。

このペースでは昼食に間に合わないと伝えると…

入浴はご利用者様の楽しみなんだから、ゆっくり入らせてあげて何が悪いの!?

…と怒りだしてしまいました。

結局その日は、他の職員がヘルプに入り、何とか全員入浴できましたが、4名は昼食に間に合いませんでした。

介護は「平等」であるべき

Aさんの気持ちは解りますし、間違いではありません。

ただ、希望をすべて聞き入れることが、正しい介護とは言えません。

拒否をされないように誘ったり、時間通りに全員の入浴を終わらせるのは、介護士の大切な仕事です。

  • 毎回拒否を受け入れた結果、1ヶ月入浴していない。
  • 1人に時間をかけ過ぎて、他の人がゆっくり入浴できない。

これは、良い介護とは言えません。

「入居者本位」を勘違いしてはいけない

介護施設は「集団生活」の場なので、基本的には「平等」であるべきです。

ある人はゆっくり入浴できて、ある人は5分で流れ作業的に…

これでは駄目です。

ADL(日常生活動作)の違いなど、完全な「平等」は物理的に不可能ですが、意識することは大切です。

介護士はそれぞれ「介護観」を持っていいて、Aさんのように「想い」が強い人もいます。

正解・不正解がないので、難しいところです。

介護施設によって「平等」は異なる

介護施設には様々な業態があります。

  • 特別養護老人ホーム
  • 高級有料老人ホーム

とでは、入浴介助ひとつ取っても、提供できるサービスが全然違います。

従来型特養は、午前中だけで25名を怒涛のスピードで入浴するのに対して、高級有料ホームは午前中に1名付きっ切りで介助…といった感じ。

「牛丼屋」と「帝国ホテル」ではサービスの質が違いますよね。

どちらが良い悪いではなく、環境によって「平等」は異なります。

自分の「介護観」に会った環境を選ぶべき

Aさんのように、1人1人とじっくり向き合う介護がしたい人は、従来型の特養より、高級有料ホームのほうが向いています。

逆に、私のように「慌ただしく時間に追われる」くらいが性に合ってる人は、高級有料などは向きません(※経験済)

自身の「介護観」を理解した上で、自分に合った業態、職場を選ぶことが、介護職人生の充実に繋がります。

逆に、合わない業態、職場は大きなストレスになります。

今いる業態、職場にストレスを感じている人は「転職」も視野に入れてリサーチすることをお勧めします。

自分に合った環境で「自分らしく」仕事をするのが、充実した仕事人生に繋がります。

私がお勧めする「介護系転職サービス」のリンクを載せておくので、ご興味ある方は参考にしてみて下さい。

介護職の就業・転職は介護専門求人サイトかいご畑

転職活動を全面サポート!【きらケア】

介護士の派遣・求人なら!【きらケア 派遣】

有給休暇がとりやすいホワイト企業への転職は【しろくま介護ナビ】

情報選別のためにも、複数登録して見比べるのをお勧めします。

多少の煩わしさはありますが、デメリットを差し引いても、情報量には価値があります。

まとめ

「入居者本位」というのは、解釈を間違えると『虐待』に繋がります。

要求を全て聞き入れたり、目の前の人にだけ向き合うことは「平等」とは言えません。

介護施設の業態によって、提供できるサービスは大きく異なります。

自身の「介護観」を理解した上で、自分に合った業態、職場を選ぶことが、介護職人生の充実に繋がります。

どうせなら「楽しく」仕事しましょう。

down

コメントする




介護現場の『日常』

介護士が『働きやすくなる』ブログ

介護士K

介護士K

現場の介護士が『働きやすくなる』情報を発信中。


Secured By miniOrange