介護士Kのブログ Written by 介護士K

介護士が【確実】に年収アップする方法

お金の話




介護士K (@kaigo_kk) です。

介護士が【確実】に年収アップする方法。

「給料、上がらないかな…と思ったことありますよね?

人手不足で激務の中、人間関係に悩み、心身擦り減らして、一生懸命働いているのに、それに見合う給料が貰えない…

今の給料に満足です。何の不満もありません。

という人は、あまりいませんよね?

介護職で組織する労働組合「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」が2019年に実施した「就業意識実態調査」の結果によると…

  • 全産業:年収463万円
  • 介護職:年収359万円

介護職の給料は、全産業平均と比較して凡そ「月収8万円」「年収100万円」低いというのが統計的な事実です。

今回は、なぜ介護職の給料は上がらないのかを説明した上で、行動すれば確実に年収アップできる方法をご紹介します。

スポンサードサーチ

介護士が確実に年収アップする方法

具体的プランを説明する前に、なぜ介護職の給料が上がらないのかを説明します。

介護職の給料が上がらない理由

介護職員の給料は大部分が介護報酬から支払われます。介護報酬は3年に1度、が決めています。

介護報酬を受け取った事業所は、その中から給料を支払います。

  • 一般企業:自由な価格競争
  • 介護事業:介護報酬の範囲内

介護事業は給料が上がりにくい仕組みなのです。

介護って、業態によって給料の差があるよね?

一般的に、要介護度の高い利用者が多いほど介護報酬は高くなります。要介護度の高い利用者の多い

  • 特養(特別養護老人ホーム)
  • 老健(介護老人保健施設)

の給料が比較的高いのは、そのためです。

介護事業は根本的に給料が上がらない仕組みなのです。

それじゃ、一生報われないの!?

と思った方、安心して下さい。

  • 年収300万円 → 年収1000万円

は無理かも知れませんが…

  • 年収300万円 → 年収400万円

くらいなら、今の働き方をキープした状態で実現可能です。

確実に給料を上げる方法

介護士が確実に給料を上げる方法は…

  • 起業
  • 副業
  • 転職

この3つです。今回は行動すれば誰でも実現可能な「転職」にフォーカスして、確実な方法を4つご紹介します。

1.介護福祉士

介護唯一の国家資格である介護福祉士を取得しましょう。資格を持っていると資格手当がつきます。

  • 初任者研修
  • 実務者研修

これらも資格手当がつきますが(つかない事業所もあります)、介護福祉士ほど高くはありません。

資格手当は

  • 5,000円~10,000円

くらいが相場です。派遣の場合は時給が変わってきます。

「10,000円/月」資格手当が付けば…

  • 12万円/年
  • 120万円/10年

同じ業務、同じ責任の仕事をしていても、これだけ給料が変わります。資格取得には労力・コストがかかりますが、長いスパンで見たら余裕で回収できます。

資格手当が無い!
手当が月1,000円しか付かない!

そんな事業所に勤めている方は、資格手当がしっかり付く事業所に転職しましょう。

  • 0円 → 5,000円
  • 1,000円 → 10,000円

劇的な変化ではないかも知れませんが、積もり積もると大金です。

2.夜勤手当

介護職員の給料を大きく左右するのは夜勤手当です。

夜勤手当が5,000円で5回夜勤をすれば…

  • 5,000円×5回=25,000

が基本給に上乗せされます。もし夜勤手当が「10,000円/1回」の施設に転職すれば…

  • 10,000円×5回=50,000円

同じ夜勤でも手当が2倍になります。

「2019年介護施設夜勤実態調査結果」によると、正規介護職員の夜勤手当の平均額は…

  • 2交代制勤務:6,125

相場平均は…

  • 5,000円~7,000円

くらいです。

ただ、最近は10,000を超える夜勤手当を支給する事業所も増えてきています。

夜勤手当が15,157円という老健もあれば、1500円というグループホームもあります。

統計的事実としてこれだけの差があります。転職で夜勤手当が上がれば、給料は確実に上がります。

(夜勤のない介護職員の皆さん、ゴメンナサイ…)

3.介護職員処遇改善加算

介護職員処遇改善加算(以下:処遇改善)を申請、支給されている事業所に勤めていれば、加算分が給与に追加支給されます。

加算区分や事業所の支給基準にもよりますが…

  • 10,000円~20,000円

くらい毎月の給料にプラスされます。

10,000円/月 なら…

  • 12万円/年
  • 120万円/10年

20,000円/月 なら…

  • 24万円/年
  • 240万円/10年

処遇改善を申請している事業所は凡そ90%です。

(※参考:令和2年度介護従事者処遇状況等調査の実施について(案)-厚生労働省

殆どの事業所が申請しているので、多くの介護職員が支給されていますが、支給額は事業所の裁量なので、支給額が多い事業所に転職すれば、給料は上がります。

  • 1,000円 → 10,000円
  • 5,000円 → 20,000円

こんな感じで変わったら、大きいですよね。

支給額は、きちんとした事業所であればホームページに記載されていますし、聞けば教えて貰えます。今の職場の支給基準を知りたい場合も、聞けば教えてくれますし、就業規則に記載されています。

4.特定処遇改善加算

特定処遇改善加算(以下:特定)は「勤続10年以上の介護福祉士に、月8万円、もしくは年収440万円を超える金額を支給することを掲げた制度です。

処遇改善に上乗せする形で支給されるもので、申請・支給されている事業所に勤めていれば、加算分が給与に追加支給されます。

支給額は平均で…

申請している事業所は、凡そ63%です(※参考:令和2年度介護従事者処遇状況等調査の実施について(案)-厚生労働省

上記平均を参考に、支給を受けていない事業所から受けている事業所へ転職した場合、ベテラン介護職員なら…

  • 20,000円/月
  • 24万円/年
  • 240万円/10年

「8万円/月」上乗せ支給している事業所なら…

  • 80,000円/月
  • 96万円/年
  • 960万円/10年

年収100万円アップ、10年で10000万円。やばいですよね…

支給基準は事業所の裁量なので…

  • 勤続10年
  • 業界歴10年
  • 介護福祉士資格が必須条件

条件は事業所によって異なります。

支給額は、きちんとした事業所であればホームページに記載されていますし、聞けば教えて貰えます。今の職場の支給基準を知りたい場合も、聞けば教えてくれますし、就業規則に記載されています。

「合わせ技」で年収アップ

ここまで紹介してきた…

  • 介護福祉士
  • 夜勤手当
  • 介護職員処遇改善加算
  • 特定処遇改善加算

これら4つの条件を組み合わせて、シミュレーションしてみましょう。

介護業界歴15年の介護士Kが転職したとします。今まで勤めていた事業所は…

  • 介護福祉士手当:5,000円/月
  • 夜勤手当:5,000円×5回=25,000円
  • 処遇改善:5,000円/月
  • 特定:0円/月
  • 毎月の上乗せ額:35,000円

転職先の事業所は…

  • 介護福祉士手当:10,000円/月
  • 夜勤手当:10,000円×5回=50,000円
  • 処遇改善:20,000円/月
  • 特定:20,000円/月
  • 毎月の上乗せ額:100,000円

「35000円 → 100,000円」にアップしたことで…

  • 65,000円/月
  • 78万円/年
  • 780万円/10年

年収およそ80万円アップです。

「65,000円/月」アップすれば家賃浮きます。

ザックリした例なのでこんなに上手くいく保証はありませんが、今の仕事量をキープした状態で給料アップすることは、物理的に可能という事です。

そして、全て調べれば得られる情報です。

多少の時間・労力は伴いますが、コストは0円です。良い転職先が見つからなければ、今の職場を続ければ良いだけなので、リスクも0です。

少しでも現状を変えたい方は、自身の望む条件を踏まえた上で、徹底的にリサーチしましょう。

介護職員おすすめ転職サービス

注意点

今回は「物理的に可能」な方法を紹介してきましたが…

  • 福利厚生
  • 人間関係
  • 働きやすさ

などの要素は一切含まれていません。

資格手当、処遇改善の支給額が高くても「基本給」が低かったり…夜勤手当が高くても「夜勤回数」が少なかったり…金銭面では理想的でも、サービス残業横行、人間関係最悪…

これでは本末転倒です。

理想的な職場は人それぞれ違います。今回の内容を踏まえた上で「自分に合った」職場とは何か、ぜひ考えてみて下さい。

個人的には、今の職場のメリット&デメリットを一度紙に書き出してみることをお勧めします。頭で考えるだけではなく、書くことで現状を冷静に分析できます。

まとめ

介護士が「確実」に年収アップする方法

  • 介護福祉士
  • 夜勤手当
  • 介護職員処遇改善加算
  • 特定処遇改善加算

年収100万円アップも夢ではありません。

ギャンブルではなく「行動」すれば誰でも実現可能です。

情報収集に多少の労力はかかりますが、コスト・リスクは0です。

現状を変えたい方は、自身の望む条件を踏まえた上で、徹底的にリサーチしましょう。

この記事を切欠に、介護職員の皆さんの未来が少しでも明るくなったら嬉しいです。

 

Secured By miniOrange