介護士Kのブログ Written by 介護士K

介護士Kの波乱万丈記③

自己紹介

介護士K (@kaigo_kk)です。

『介護士Kの波乱万丈記②』の続編です。

①②を読んでない方は、先ずはコチラをご覧ください↓↓

スポンサードサーチ

理想と現実の壁をぶっ壊す!!

介護福祉士の国家資格を取得し、めでたく資格手当5000円(うろ覚え)をゲットした介護士K。

順調に介護士としてのキャリアを重ねていこうとした矢先…

気になることが出てきました。

「他所」で通用するのか?

この頃、すでに介護業界は人手不足。

私の職場も、年々少しずつ職員が減っていきました。

そのため、途中から派遣職員がパラパラ入ってくるようになりました。

キャリア豊富で、1ヶ所に定着しない自由人が多く、初日からバリバリ仕事をしてました。

肌感覚として、今よりも「即戦力」な派遣さんが多かった気がします。

当時、私のキャリアは3年ちょい。

経験施設はココだけ。

所属フロアでは、一通り仕事をこなせるようになり、少し自信がついてきてました。

ところが、派遣さん達はフロアの問題点を次々と見つけだし…

「ここの施設はココが良くない」
「何でコレをこうしないんだ?」

休憩時間・隙間時間に、よくそんな話をしてました。

デキる人だと思った人が…

「ここの施設は合わない」

と、すぐに去ってしまったり…

そんなことが続きました。

私は、ココの施設しか知らなかったので、そんな話をされても…

「はぁ。。」

と聞くしか出来ませんでした。

派遣はクセの強い人が多いので、今なら愚痴・不満は話半分くらいで聞き流しますが、当時は100%真に受けてしまい…

「自分は介護士として通用するのか?」
「うちの施設のレベルは低いのか?」

日に日に、そんな疑問が膨らんでいきました。

退職を決意

思い立ったら動かないと蕁麻疹が出るタイプなので、アッサリ退職を決めました。

上司には…

「他の施設を見てみたい」

と伝えたら、すんなり受け入れてくれました。

営業時代とはまた違った個性的な人が多く、上司と喧嘩したり、理不尽なお局にキレたり…

数々の思い出はありましたが、可愛がってくれた上司・先輩が多くいたのも事実。

私の介護キャリアがあるのは、この施設で最初に仕事ができた経験が大きいので、今はとても感謝しています。

退職時の年収は360万円ほど。

決して多くはなかったですが、安定収入があるお陰で、バンド活動費用も捻出できました。

今は、とても感謝しています。

ただ、その施設は年次昇給かしっかりあり、続けていればいずれ今くらいの年収は貰えただろうし、退職金制度も充実していたので、定年まで続けていれば、退職金2000万円くらい貰えた筈です。

とはいえ、これに関しては1ミリも後悔してません。

「派遣」になる

目的はたくさんの施設を見ることだったので、正社員という選択肢はありませんでした。

とはいえ、当時はまだ「正社員神話」を信じていたので、ずっと派遣のままでいるつもりはなく

  • 期限は「2年」
  • 最低「3箇所」

と決めていました。

特養を退職する前に、派遣会社2社に登録し、幾つかの施設を紹介してもらいました。

その時に気付いたこと。

  • 派遣は思いのほか稼げない

当時、派遣の時給相場は…

  • 1400~1600円

くらい(今はもう少し高い)

この時給だと、フルシフトで働けば手取23~26万円くらいは稼げます。

手取18万円前後だった特養と比べたら、毎月手元に入るお金は増えますが、ボーナスが無くなるので、年収ベースでは大した額は稼げない…

また、正社員と違って基本給が無いので、体調不良などで欠勤すれば、そのぶんお金が入ってこないだけ。

急遽バンドのライブが決まって、風邪と偽ってサボッたりしてたので、月の手取が20万円を下回ることも結構ありました。

「派遣は時給が高いから稼げる♪」

そう安易に思っていた私は、さっそく出足を挫かれました。

(事前にちゃんと調べろ)

とはいえ、もう派遣ライフは始まっていたし、決断には1ミリも後悔してませんでした。

有料老人ホーム

最初の派遣先は、某大手グループが運営する「有料老人ホーム

入居人数は…

  • 20~30名程

そのうち…

  • オムツ使用者 : 2~3名
  • トイレ誘導者 : 5~6名

あとの入居者さんはほぼ「自立」

身の回りのことは自分で出来て、普通に外出する人も。

特養では、オムツ交換、入浴介助は「戦場」だったので、これくらいの人数なら私1人で余裕でこなせます。

でも、ココではこの人数をマンツーマンに近い人数で対応する…

このペースだと暇すぎてヤバいかと思いましたが、仕事が無いわけじゃない。

食事の準備1つとっても、入居者さんによってセッティングが違ったり…

人によって入浴の時間が違ったり…

特養のように、バーッと準備して、皆でバーッとやる感じではなく、なんだか細々と忙しい…

良く言えば、ゆったりしている。
悪く言えば、メリハリが無い。

というのが、私の感想でした。

有料は、肉体的には楽(場所によります)ですが、細々とした対応、クレームなどが多くあります。

「部屋の電球を交換してくれ」と頼まれて、他者対応で伺うのが少し遅くなっただけで、施設長までクレームがいく…

入浴対応者がお気に入りのスタッフでないと、頑として入浴しない…

1人の入居者さんのクレーム対応・傾聴などに1時間とかザラでした。

私は派遣だったので、正社員のように「居室担当業務」などが無かったので、そこまでの負担はありませんでしたが、正社員の仕事ぶりを見ていて思いました。

  • 有料には向いてない

私は、ナースコールに追われてバタバタ走り回っているほうが、性に合っていると気付きました。

介護には正解がなく、環境によって出来ることは違います。

其ゆえに、自分に合った「形態」で働くことが大事だと感じました。

このあと用事があるので、今回はここまで。

次回『介護士K、夜勤専任になる』

お楽しみに。

Secured By miniOrange