介護士Kのブログ Written by 介護士K

「サービス残業」をする介護士の特徴【99.9%の真実】

持論

介護士K (@kaigo_kk) です。

サービス残業をする人に「99.9%」共通する特徴。

介護現場は絶望的な人手不足のため…

  • 休憩が取れない
  • 時間内に仕事が終わらない
  • 欠勤が1人でも出たら回らない

このような状況が多く…

  • 残業
  • 休日出勤
  • 希望休が取れない

という事業所が多々あり、最もタチが悪いのが…

  • 「サービス残業」の常態化

サービス残業をしないと仕事が終わらず、職員もそれが当たり前になっていて、トップもそれを黙認していたり、最悪は強制してくる。

サービス残業について相談しても…

「時間内に仕事が終わらないのは、あなたの仕事の進め方に問題があるのでは?」

と逆に責められたり、上司が当たり前のように毎日サービス残業をしていて部下が帰りずらかったり、先に帰ろうとすると…

「私が仕事してるのに先に帰るつもり?」
「新人なのに定時で帰るの?」

みたいな空気を漂わせたり言われたり…

世紀末的な事業所は結構あります。

勿論、そうでないホワイト事業所も多くありますが、そうでないブラック事業所が多いのも事実です。

介護士の皆さんは、職場選びは慎重に、少しでも変だと思った場合、早急に転職することをお勧めします。

前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

他の職員は定時に上がっているのに、何故か毎回サービス残業をしてしまう職員さん、あなたの職場にも1人はいますよね?

仕事が遅い、要領が悪い…

能力差があるので仕方ない面はあります。

「誰でも定時で上がれる仕組みを作らない環境が悪い!!」

という声もありますが、完璧なマニュアルを作ってもサービス残業をする職員は、必ず一定数います。

タイムカードを強制的に押させて放り出さない限り、毎回サービス残業をしてしまう…

私は以前、そんな人たちを見て「要領悪いなぁ」と思っていたのですが、ある時から不思議に思って、そんな職員さんを観察・分析しました。

そこで確信したことがあります。

スポンサードサーチ

「サービス残業」をする介護士の共通点

「サービス残業」をする介護士は99.9%

  • 頑固者

頑固です。

超頑固です。

「は、どゆこと?」

と思った方、今から3つのポイントに分けて説明します。

1.「拘り」が強すぎる

  • 自分のペースで仕事をしたい
  • 自分のやり方で仕事をしたい
  • 他人にペースを乱されたくない

自分のやり方への「拘り」が強すぎて、人のアドバイスを聞きません。

表面上は社交的でも、内面は超頑固なので、どんなアドバイスをしても受け入れてくれません。

結果、自己流の非効率なやり方を延々とくり返します。

2.「プライド」が高すぎる

「プライド」が高すぎて、回りのアドバイスを受け付けません。

自分が間違っている、非効率と気付いていても、プライドが高すぎて曲げることが出来ません。

回りのアドバイスを聞いて、一瞬は改善しても、結局はまた自己流に戻っていきます。

3.「自己肯定感」が低い

拘りが強くプライドが高いわりに、自分に自信が無くメンタルが弱い。

他人に指摘されると、自分自身を否定されたように感じて傷付いてしまう。

自己肯定感の低い人の最後の砦は
「プライド」です。

プライドが折れてしまうと、自分を守ってくれるモノが皆無になるので、プライドだけは何としてでも死守しなくてはなりません。

結果、何も変わらず、自己肯定感は低いまま、非効率な仕事をし続けます。

人間は「変化」を嫌う

人間、もとい生物は基本的に
「変化」を嫌います。

変化せず、今のままでいるほうが、心地よく安心安全でいられるというのが、遺伝子レベルで組み込まれています。

「ダイエット」や「筋トレ」が続かないのは、意思が強い弱いの問題ではなく本能です。

  1. 「プライド」が高い
  2. 「拘り」が強い
  3. 「自己肯定感」が低い

これらは人間の自己防衛本能です。

プライド、拘りを持って、自己肯定することで、安全安心を確保する。

『ありのままでレリゴー』スタンスです。

ただ、残念ながらこのスタンスは個人では成立しても、社会生活では殆ど通用しません。

多くの人は「これじゃダメだ」と感じて、集団・社会へ適合しようと、プライド、拘りを曲げて溶け込もうとします。

それが出来ない頑固者が、社会とうまく嚙み合えず、ストレスを抱えてしまいます。

誤解して欲しくないのは、頑固は人間の自己防衛本能なので、決して悪いことではありません。

自分に素直に生きようとすることは、自分を大切にしようとすることです。

生物レベルでは正解なのに、社会生活では障壁となってしまう…

なんとも切ない話ですよね。。

「自己犠牲の精神」が強すぎる

  1. 「プライド」が高い
  2. 「拘り」が強い
  3. 「自己肯定感」が低い

こう聞くと「曲者」のように感じますが、実は優しくて「自己犠牲の精神」が強すぎる人が多いです。

(頑固だけど自分に自信がない…)

(自分のやり方でやりたいけど、人に迷惑はかけたくない…)

そう考えた結果やりがちなのが…

  • 「自分一人」でやろうとする

介護の仕事は「チームプレー」なので、助け合いが大事です。

オムツ交換の時、便汚染で苦戦してる同僚がいたら、ヘルプに入る。

体調不良で早退した人がいたら、その穴を埋める。

これが基本です。

非効率な仕事をしている同僚がいたら、当然ヘルプに入ろうとします。

ところが頑固な人は…

(手伝って貰うのは申し訳ない…)

という気持ちが働き「自分でやるから大丈夫です」と断ります。

そして、仕事は終わりません。

素直にヘルプを受け入れたほうが、自分自身も楽だし、フロア全体の業務もスムーズに回るのに、自身の頑固な拘りと「申し訳ない」という気持ちから、素直に受け入れることが出来ない…

善意、全体のことを考えてヘルプをしようとした人は、苛々します。

当然ですよね?

助け合ったほうが絶対スムーズにいくのに、断るんですから…

こんな事をくり返していくうちに…

「あの人は言っても仕方ない」

回りはそう判断し、ヘルプも、アドバイスもしなくなります。

そして、サービス残業をする人は永遠にサービス残業をし続けて、永遠にストレスを抱えて、永遠に疲れ続けます。

ハッキリ言おう。

毎回サービス残業をする人は…

  1. 「プライド」が高い
  2. 「拘り」が強い
  3. 「自己肯定感」が低い

自分に自信が無く、他人に迷惑をかけたくないから…

  • 「自分一人」でやろうとする

回りは呆れて、手を差し伸べなくなる…

一見、可哀想に思えるかも知れませんが、私は同情しません。

ハッキリ言おう。

 

ボーっと生きてんじゃねーよ!!

 

自分の拘りを捨てず、人のアドバイスを聞かず、人に迷惑をかけたくないから自分一人でやる…

そんなの自己中の極みです。

プライベートならいざ知らず、社会生活でそんな戯言いってるのは、身体の大きな子供です。

私みたいな奴が「ありのままの自分を愛して欲しい」とか中二病みたいな事を今の今まで言っていたら、100%今でも童貞です。

自身あります。

ありのままで生きたいというのは、人間の本能です。

ただ、それで生きていけるほど、社会は甘くない。

だから人は、痛い思いをしつつ、自分を曲げて、適応しようとする。

結果、社会と噛み合って、自分らしく生きれるようになります。

そういった苦労、試行錯誤…

今までして来なかったんでしょ?

もう一度言っときます。

 

ボーっと生きてんじゃねーよ!!

 

おわりに。

最後きつい言い方になってしまって、ごめんなさい。

ただ、私が見てきた限り、サービス残業をし続ける人は、殆どこのタイプです。

そんな状況が嫌でストレスを感じている人…

ぜひ参考にしてみて下さい。

あなたの人生が好転することを祈ります。

Secured By miniOrange